NEW

単なる事実誤認では済まされない?『優駿図鑑』が競馬ファンの逆鱗に触れているワケ

文・構成=編集部
単なる事実誤認では済まされない?『優駿図鑑』が競馬ファンの逆鱗に触れているワケの画像1
ホビージャパン優駿図鑑編集部公式Twitterアカウントより

 サイバーエージェントが7月に公開した2021年4~6月の四半期決算が、世間に与えた衝撃は記憶に新しい。傘下のCygamesが2月にリリースしたスマートフォン向け育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』の大躍進により、ゲーム事業の営業利益が前期比で483.5%増加したのだ。大人気コンテンツの誕生が、利益をもたらすのは同社だけではない。ゲーム関連のネットメディアは連日同ゲームの動向を追い、公式グッズのみならずウマ娘を意識した非公式商品が巷に溢れはじめている。

 そんななか、アニメやライトノベル、プラモデル、サバイバルゲーム関連書籍の発行で知られるホビージャパンが今月4日に発売したムック本『優駿図鑑 ~スペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー 夢を追った伝説の名馬たち~』が物議を醸している。図鑑の内容に対し、競馬ファンから批判が殺到し、同編集部は6日、「心よりお詫び申し上げます」と謝罪する事態に発展したのだ。

 帯に「伝説の“あのウマ”たちが全員集合!」と銘打った同図鑑では、スペシャルウィーク、トウカイテイオー、ゴールドシップなど優秀な成績を収めた競走馬を写真や図解で解説している。一方、中央競馬三冠馬であるディープインパクト、オルフェーヴル、コントレイルが掲載されておらず、同編集部がなにを基準に「伝説のウマ」を選んだのかについて、疑問の声が上がったようだ。Twitter上では、図鑑にピックアップされているのがウマ娘の主要キャラクターのモチーフになった競走馬であることを指摘する声も相次いだ。

トウカイテイオーが2016年菊花賞を制した?

 また図鑑の記述に関しても議論が巻き起こった。Twitter上ではトウカイテイオー(1994年引退)の主な戦歴に2016年菊花賞が記されている点や、2001年の香港ヴァーズを制したステイゴールドがG1未勝利扱いになっている点などに関し、事実誤認を指摘する声が上がった。

 読者からの指摘を受け、同編集部は6日、編集長名義で以下のように公式Twitterアカウントで謝罪した。

「『優駿図鑑』をご購入いただき、誠にありがとうございます。

 ご連絡いただいております『優駿図鑑』内の誤植につきまして、ご指摘頂いた点を含め内容を精査し今後正誤表を出させていただきます。ご迷惑をおかけ致しておりますこと、心よりお詫び申し上げます」


ホビージャパン「ウマ娘を意識した図鑑かどうかは回答控える」

 競馬メディア編集者は次のように今回の炎上騒動を見る。

「仮にネット上でのファンからの指摘が事実であれば、図鑑と名乗るには、なかなかの粗さです。

 例えばトウカイテイオーの戦歴に“2016年菊花賞”とある部分です。トウカイテイオーの父シンボリルドルフは当時、史上唯一無敗で三冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)を制した馬でした。その息子であるトウカイテイオーも無敗で皐月賞・日本ダービーを勝ちますが、その後に骨折が判明。菊花賞に出走することができませんでした。アニメ・ウマ娘でも、その当時のトウカイテイオーの葛藤がしっかりと描かれているので、図鑑がそんな菊花賞を『勝った』としたことが、ファンの心情を逆撫でしたのだと思います。また、2016年菊花賞を勝ったというのは、1994年に引退していることからも完全に誤植です。(2016年の菊花賞勝利馬はサトノダイヤモンド)

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合