NEW

2021年「共通ポイント」満足度調査、3位Tポイント、2位dポイント、ほぼ一人勝ち状態の1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパンは、2021年7月下旬~8月上旬、18~74歳のスマートフォン所有者13,922人を対象としてJ.D. パワー 2021年共通ポイントサービス満足度調査℠を行なった。今回は、同調査でランキング化された、共通ポイントサービスの順位について見ていくことにしよう。

満足度に影響する4つの要素とそれぞれの影響度

2021年「共通ポイント」満足度調査、3位Tポイント、2位dポイント、ほぼ一人勝ち状態の1位は?の画像1
保有ポイント数や利用履歴等の確認には、モバイルアプリを利用する人が約7割と最も多かった(J.D. パワー ジャパン調べ)

 近年キャッシュレス決済が普及し、経済圏を掌握するキャリアの存在感が大きくなっている。そして、この先も共通ポイントサービス市場はさらに成長していくこととなりそうだ。そこでJ.D. パワー ジャパンは今回初めて、「dポイント」、「Pontaポイント」、「楽天ポイント」、「Tポイント」の4つの共通ポイントサービスのユーザーに対し、利用実態や満足度に関する調査を実施した。

 まず、満足度を測定するにあたり、「ポイントの貯めやすさ」、「ポイント確認のしやすさ」、「ポイントの使いやすさ」、「ホームページ/カスタマーサポート」の4 つのファクターを設定。各ファクターの総合満足度に対する影響度をもとに、総合満足度スコアを算出する方法を取った。

 ちなみに、共通ポイントサービスの総合満足度に対する影響度は、「ポイントの貯めやすさ」が37%と最も大きく、次いで「ポイント確認のしやすさ」が29%、「ポイントの使いやすさ」が28%、「ホームページ/カスタマーサポート」が6%となった。日々の買い物でいかにお得にポイントを貯めることができるか、そして、貯めたポイントを使えるシーンが多いかが重要な要素であると言える。また、貯めたポイントを即座に、かつ、分かりやすく表示するユーザーインターフェースが用意されていることも、満足度に大きく影響する要素であるようだ。

2021年「共通ポイント」満足度調査、3位Tポイント、2位dポイント、ほぼ一人勝ち状態の1位は?の画像2
大規模な経済圏を牛耳る楽天ポイントは、経済圏の住人から厚い支持を得ているようだ(J.D. パワー ジャパン調べ)

 4位は657ポイントを獲得した「Pontaポイント」だった。au PAY カード、auサービスに加え、全国のPonta提携社で貯めたり使ったりすることができる共通ポイントだ。貯まったポイントは、auご利用料金への充当やショッピングで利用可能。

 第3位は660ポイントを獲得した「Tポイント」だった。4位とは3ポイントという僅差。Tポイントは、キャリアではソフトバンクと連携している。

 続く第2位…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合