NEW

JRA菊花賞、近年まれに見る大混戦の様相…G1馬不在で特大万馬券の可能性も

文=編集部
【この記事のキーワード】,
JRA菊花賞、近年まれに見る大混戦の様相…G1馬不在で特大万馬券の可能性もの画像1
前哨戦も波乱! 今年の菊花賞は異例の状況

今年は異例の事態

 現在、秋のG1シーズン真っ最中の日本中央競馬会(JRA)だが、先日、昨年の三冠馬コントレイルが年内で引退、そして今年は天皇賞(秋)とジャパンカップの2戦に出走すると陣営が発表した。無敗で三冠を達成したコントレイルを、残り2レースしか見られないのは残念だが、ディープインパクトの後継種牡馬としての活躍が期待されるだけに、その走りを脳裏に焼き付けておきたい。

 さて、今週末行われる菊花賞(G1)は、過去にそのコントレイルやディープインパクト、オルフェーヴル、ナリタブライアンといった名馬が勝利してきた伝統の一戦。3歳牡馬三冠レースの最終戦であり、もっともハイレベルと言っても過言ではない。というのも、競馬の格言として、皐月賞は「もっとも速い馬が勝つ」、東京優駿(日本ダービー)は「もっとも運がいい馬が勝つ」、そして菊花賞は「もっとも強い馬が勝つ」というものがあるからだ。その格言通りであれば、この菊花賞は錚々たるメンバーが集結するはずだが、今年は異例の事態となっている。

 なんと、G1レースの勝ち馬が一頭もいないのである。先週末行われた秋華賞は、桜花賞馬ソダシとオークス馬ユーバーレーベンが出走した。しかし、今週末の菊花賞は、皐月賞を制したエフフォーリアが天皇賞(秋)へ、日本ダービー馬のシャフリヤールはジャパンカップへ向かうため不在。さらに、3歳牡馬G1馬のグレナディアガーズ、シュネルマイスター、ピクシーナイトは距離適性の違いから不在。G1馬不在のG1レースという、あまり例のない状況となっているのだ。

 それだけにレースは大混戦。前哨戦のトライアルレースを勝利したステラヴェローチェやアサマノイタズラ、実績馬タイトルホルダー、レッドジェネシス、オーソクレース、武豊騎手騎乗のディープモンスターらが出走するが、その他は格下や近走不振の馬ばかり。そして全馬が未知の芝3000mという長距離であり、令和3年屈指の難解なG1レースなのである。

 しかし、それは逆に言えば高配当が見込め、まさかの特大万馬券が期待できると言っても過言ではない。とはいえ、ほとんどのファンがこの菊花賞を自信満々で的中できるとは言えないはず。そこで菊花賞の必勝情報を入手するため、さまざまな競馬情報をリサーチしたところ、「マスターズが菊花賞の的中にかなり自信を持っている」との話を入手した。

さまざまな分野のスペシャリストが集結

 マスターズは競馬情報界において、もっとも重要視される三大要素【馬主・厩舎・騎手】に特化した3つのセクションがあり、競馬界のありとあらゆる情報を入手できる体制が構築されている。実際に情報収集を行うのは、馬主・元調教師・元JRA騎手などの競馬関係者であり、名前を出せない大物関係者が数多く在籍しているという。彼らはさまざまな分野のスペシャリストであり、例えば「G1レースの達人」「ダートの達人」「長距離戦の達人」といった、その道を極めた本物ばかりだ。

JRA菊花賞、近年まれに見る大混戦の様相…G1馬不在で特大万馬券の可能性もの画像2
馬券に直結する競馬界の構造

 はっきり言って、マスターズの情報を具体的に説明するのは難しい。ただ言えることは、一般競馬ファンや通常の競馬マスコミとは比較にならないほど予想が当たるということ。たとえば菊花賞に関連して言えば、昨年も当然的中させ、今年は皐月賞で3連複・2万円の万馬券を的中、そして日本ダービーも、勝利したエフフォーリアを本命に3連単・5万8980円的中とダブル万馬券的中。トライアルレースのセントライト記念も3連複・3万5100円を的中と、菊花賞の関連レースで数多くの万馬券を仕留めている。

 また昨年の秋も、スプリンターズステークスから4週連続を含む8つのG1レースを的中させ、今年のG1レースもスプリンターズステークスまで13戦11勝という驚異的な的中率を披露している(締め切りの関係で秋華賞は集計できず)。

 これだけビッグレースで的中を続けられる情報はなかなかない。スポーツ紙や競馬専門紙は1紙あたり10名以上の予想家が異なる予想を載せ、誰かが当たれば的中と宣伝している。つまり、ひとつの新聞で10通り以上の予想が掲載されているのだ。しかし、マスターズは1通りの買い目しか公開していない。それにもかかわらず、これだけの実績を残せるのだから、いかにマスターズの情報と一般的な競馬マスコミに差があるかわかるだろう。

皐月賞、日本ダービーに続き菊花賞も的中へ

 そのマスターズが、早くも今週末の菊花賞の的中に自信を見せている。今年の3歳G1レースは桜花賞、皐月賞、NHKマイルカップ、日本ダービーと的中させており、皐月賞と日本ダービーに続く3歳クラシック完全制覇も目前。その根拠となるのが、マスターズが誇るスペシャリストの存在だ。

JRA菊花賞、近年まれに見る大混戦の様相…G1馬不在で特大万馬券の可能性もの画像3
日本ダービーでも見事、万馬券を的中!

 3歳戦のスペシャリスト、長距離戦のスペシャリスト、G1レースのスペシャリスト、そして阪神コースのスペシャリストなど、業界トップの達人たち=マスターズが、この菊花賞に関する情報を徹底収集。そして、それをありとあらゆる視点で精査しているのだ。これだけの体制が整えば、5万馬券を的中させた日本ダービーの再現に向けて一点の曇りも見られない。菊花賞の馬券を買う予定のファン、さらにこの秋、初めて馬券を買ってみようと考えている初心者にとって、これは非常に価値のある情報といえるだろう。

 なおマスターズによると、今週末の菊花賞はマスターズが誇る【馬主・厩舎・騎手】の各セクションによって絞り込んだ【馬連3点勝負】を、ファンに向けて無料で公開するとのこと。マスターズの実力を考えれば、これは破格の対応だ。このチャンスを逃さぬよう、早めにこの情報を確認していただきたい。

(文=編集部)

CLICK→無料公開!【菊花賞・馬連3点勝負!】マスターズ

※本稿はPR記事です。

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合