NEW

ドクターX→SUPER RICHに賞賛&興奮の渦…1話なのに最終回、えげつない満足感

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

ドクターX→SUPER RICHに賞賛&興奮の渦…1話なのに最終回、えげつない満足感の画像1
『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のHPより

 ドラマ好きにとって10~12月の3カ月間、毎週木曜夜は“至極の2時間”となるのかもしれない――。

 続々と第1話が放送され始めている秋クールの連続テレビドラマ。今クールは『日本沈没 -希望のひと-』(TBS系)、『相棒 20』(テレビ朝日系)、『ラジエーションハウス II』(フジテレビ系)、『真犯人フラグ』(日本テレビ系)など話題作が目白押しだが、なかでも一番の注目作といえるのが、今作で第7シリーズとなる『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレ朝)だろう。

 米倉涼子演じる“群れを嫌う”孤高の天才外科医・大門未知子を軸に、難病の患者をめぐる人間ドラマや大学病院の実像や問題点を炙り出す同ドラマ。

 14日に放送された第1話では、大門に胆石症の手術の依頼をした参議院議員・一橋由華(冨永愛)が、自身が主催するパーティーの会場で倒れ、パーティーに出席していた大門、一橋の主治医である呼吸器外科医・一木蛍(岡田将生)に付き添われて東帝大学病院に搬送される。大門が一橋の手術をすることになったのだが、そのパーティー会場でクラスターが発生していたことがわかり事態が混乱するところから始まった。

 さらにパンデミックを受けて東帝大学病院では院長代理の蜂須賀隆太郎(野村萬斎)率いる内科が幅を利かせ、前シリーズで院長の座を追われた蛭間重勝(西田敏行)率いる外科は“分院”に追いやられるほどに勢力が弱まっていた。

 そんな第1話の放送を受けTwitter上では、

<これで1話って、最終回どうなっちゃうの??? 泣くどころの騒ぎじゃない>(原文ママ、以下同)

<この展開、最終回のテンションに近いw まさに最初からクライマックスw>

<ドクターX、やっぱりおもしろい。いつものドラマの流れ(帝都病院内のゴタゴタ)に加えてまさか今を反映するドラマを作るとは思わなかったよ。難しかっただろうなこれ>

<かっこよすぎて衝撃すぎて言葉にならん……1話からスタンディングオベーションしてます……>

<1話なのに満足感がえげつない>

<やっぱ最高に笑える医療ドラマだよね コメディとシリアスが絶妙なバランスで堪らん…!>

<ちょっと1話から情報量多すぎて…とりあえず一瞬でした…ありがとうドクターXのみんな>

<やべーこんな長くやってるのに不思議なことにマンネリしないのな 初回から釘付けだー>

<初回からトップギアでぶっ飛ばしてきた ドクターXはやっぱり毎回ドキドキがおさまらない>

と鉄壁の人気をうかがわせる声が続出している。テレビ局関係者はいう。

「前シリーズはイマイチという評判も多く、さすがに第7シリーズということでマンネリ化してくるので悪い予感もしていたが、そうした懸念を吹き飛ばすくらいの“圧巻”という出来だった。『ドクターX』のシリーズとしてのお決まりのテンプレートを維持しつつ、コロナという時事的なトピックを巧妙に取り込むという、ハイレベルかつ複雑なストーリーづくりに成功していたという印象。1時間が本当にあっという間で、お見事というしかない。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合