NEW

ドコモの通信障害でも「デュアルSIM」運用で心配なし! キホンから導入する方法まで解説

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年10月14日~15日にかけて発生したNTTドコモの大規模通信障害では、ネットや通話が完全につながらなくなって困った人が200万人もいたそうだ。だが、その一方でスマホを「デュアルSIM」運用していた人は難を逃れたという。デュアルSIMとは、ひとつのスマホで2枚のSIMカード(通信回線)を利用できるものだが、何のことかよく分からないという人も多いだろう。そこで今回は、万一の通信障害に備えてデュアルSIM運用のキホンと格安で導入する方法を解説しよう。

デュアルSIMにすれば通信障害があっても大丈夫!

ドコモの通信障害でも「デュアルSIM」運用で心配なし! キホンから導入する方法まで解説の画像1

今やネット通信はスマホだけでなく、さまざまサービスで利用されている。そのため、2021年10月14日~15日にかけて起きたNTTドコモの大規模通信障害では、約200万人がネットや電話が完全に使えなくなっただけでなく、デリバリーサービスやタクシーなどの利用にも大きな影響が出たという。

何をかくそう筆者は、NTTドコモのガラケーとスマホの2台持ちだが、幸いスマホのほうはNTTドコモ回線の格安SIMと楽天モバイルの「デュアルSIM」運用していたため、今回の通信障害では何の被害もなかったのである。

“デュアルSIM”とは、ひとつのスマホで2枚のSIMカード(通信回線)を使えるようにすること。そのため、今回のようにNTTドコモ回線がダメになっても、もうひとつの別回線(筆者は楽天モバイル)が利用できたというわけだ。デュアルSIMについては→こちらで詳しく解説しているので参考にしてほしい。

ドコモの通信障害でも「デュアルSIM」運用で心配なし! キホンから導入する方法まで解説の画像2
写真はNTTドコモと楽天モバイルのデュアルSIMに対応するスマホ。異なるキャリアの2つのSIMを利用できる「デュアルSIM」なら、片方の回線にトラブルが起きても困ることはない

デュアルSIM運用は対応するスマホでないと無理!

それでは、スマホでデュアルSIM運用するにはどうすればいいのだろうか? まず、デュアルSIMを利用するには対応するスマホが必要になる。デュアルSIM対応スマホには物理SIMカードを2枚させるSIMカードスロットを備えるタイプのほかに、物理SIMカードと「eSIM」を組み合わせられるタイプも存在する。

「eSIM」とは物理的なSIMカードと違い、スマホに内蔵された書き換え可能なSIM(ICチップ)のこと。詳しくは→こちらを参考にしてほしいが、現在では大手キャリアや格安SIMの一部でもeSIMでの契約に対応している。

なお、eSIM機能のあるデュアルSIM対応スマホには、iPhoneXS/XRシリーズ以降やGoogl…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合