NEW

【Apple Watch】バッテリーの持ちを良くする10の法則!

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

スマートウォッチ人気No.1の「Apple Watch(アップル・ウォッチ)」。iPhoneとペアリングすることでさまざまな機能が利用できるため、一度使うと手放せないという人も多い。とはいえ、Apple WatchのバッテリーはGPSモデルなら2日~3日程度は持つが、なかにはApple Watchのバッテリーの持ちが悪いと感じる人もいるだろう。そこで、今回はApple Watchのバッテリーの寿命を少しでも伸ばす10の法則を紹介する。

まずはApple Watchのバッテリー状態を確認しよう!

【Apple Watch】バッテリーの持ちを良くする10の法則!の画像1
(Image:EugeneEdge / Shutterstock.com)

iPhoneと組み合わせることで便利に使えるApple Watch。iPhoneがないと通信できないGPSモデルは1回フル充電すれば2~3日は持つが、GPS+cellularモデルはバッテリーの消耗が激しく、1日しか持たないことが多い。

もし、「最近バッテリーの減りが早いな……」と感じたら、まずはApple Watchのバッテリーの状態を確認してみよう。確認方法は、Apple Watchの「設定」から「バッテリー」→「バッテリーの状態」を選択すればいい。

Apple Watchのバッテリーは、1,000回以上充電してもバッテリーの最大容量が80%を保つように設計さているが、「80%以下」になっている場合は、バッテリーが限界を迎えているので、そろそろバッテリー交換を検討したほうがよいだろう。

また、バッテリーの最大容量の画面を下にスクロールして、「バッテリー充電の最適化」が無効になっている場合は、今すぐ「有効」にしておこう。これでバッテリーの劣化を軽減することができるぞ。

【Apple Watch】バッテリーの持ちを良くする10の法則!の画像2
Apple Watchのバッテリーの状態を確認にするには、まずApple Watchの「設定」をタップ(左写真)。次に「バッテリー」を選択しよう(右写真)
【Apple Watch】バッテリーの持ちを良くする10の法則!の画像3
続いて「バッテリーの状態」をタップして(左写真)、最大容量が80%以上あるか確認しよう(右写真)。80%以上ならまだバッテリー交換はしなくてもいい

【法則1】watchOSは常に最新の状態を保つ

Apple Watchの性能や機能をつかさどるのは「watchOS」だ。このwatchOSにバグがあると、Apple Watchのパフォーマンスが悪くなる場合もある。もし、アップデートが公開されたら、watchOSを最新版に更新することでバッテリーの異常な消費を解決できる場合もある。

watchOSのアップデートは、Apple Watchの「設定」から「一般」を開き「ソフトウェア・アップデート」で最新アップデート公開されていないか確認してみればいい。とくにiPhoneのiOSがアップデートされたときは、watchOSのア…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合