NEW

眞子さま会見、小室さんへ衝撃的に厳しい質問の予定…質疑応答中止、「不誠実」批判も

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
眞子さま会見、小室さんへ衝撃的に厳しい質問の予定…質疑応答中止、「不誠実」批判もの画像1
宮内庁のHPより

 約4年にわたり日本中を騒がせた“プリンセスの恋”に、ついに終止符が打たれるときが来た――。

 秋篠宮家の長女、眞子さま小室圭さんが明日26日、婚姻届を提出して会見をお開きになられる。お2人は2017年9月に婚約内定の会見に臨まれたが、同年12月に小室さんと母・佳代さんに約400万円の借金問題があると報じられ、結婚に向けた行事はすべて延期に。18年に小室さんが米フォーダム大学ロースクールに留学した後も、小室さんが皇族の婚約者という肩書を利用して同大学に入学し奨学金を受給した疑いや、佳代さんが遺族年金や傷病手当金を不正受給していた疑い、さらには小室さんがアメリカの法律事務所への就職に際し経歴を詐称していた疑惑などが次々に浮上。

 その間、秋篠宮さまからは、

「結婚したい気持ちがあるのであれば(小室さん側が)相応の対応をとるべきだ」(18年)

「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできません」(同)

「長女と結婚のことについては、話をする機会はありません」(19年)

「小室家とは連絡は、私は取っておりません」(同)

などと厳しいお言葉が出されたことから、一時期は結婚に暗雲が漂っていた。

 しかし、秋篠宮さまは昨年11月の会見で、

「結婚することを認めるということ」

「本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきもの」

とご説明され、態度の軟化が見られ、今年4月には小室さんが一連の金銭トラブルについて説明する数万字の文書を公開し、

「借金だったことにされてしまえば、元婚約者の方のおっしゃることが正しかったということになり、私や母は借金を踏み倒そうとしていた人間だったのだということになります」

「一般的には金銭トラブルと呼ばれていますが、切実に名誉の問題でもありましたし、今でも、同じように受け止めています」

などと釈明。そして7月に小室さんがアメリカの法律事務所へ就職する見通しが立ったとNHKによって報じられ、ついに10月には宮内庁が正式に結婚を発表。帰国した小室さんは10月に赤坂御用地を訪問し、秋篠宮ご夫妻にあいさつし、眞子さまとも約3年ぶりの再会を果たした。

「秋篠宮ご夫妻と小室さんの面会は約30分ほどでしたが、どのような会話がなされたのか、その内容はまったく伝わってきません。恐らく宮内庁の職員も同席せず、ご本人同士のみで、小室さんが近況とこれからのニューヨークでの生活について報告した程度で終わったのではないかとみられています」(皇室を取材するメディア関係者)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合