NEW

iPhone SE(第3世代)ではユーザー待望のあの機能復活!? ファンの期待が高まるワケ

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

コンパクトながら十分な性能を備え、高価なiPhoneシリーズのなかで圧倒的にコスパに優れた「iPhone SE」。2016年に初代が発売され人気を博して以来、2020年に発売された第2世代も幅広い世代に支持され、好調な売れ行きを見せていた。その第3世代「iPhone SE 3(仮称)」が2022年の春に発売される、という噂をさまざまなメディアが報じている。

今回はそのなかでもある中国のテック系サイト「MyDrivers」が伝えたiPhone SE 3に関する気になるニュースを紹介する。

手のひらサイズのiPhoneは消滅、指紋認証が復活か?

iPhone SE(第3世代)ではユーザー待望のあの機能復活!? ファンの期待が高まるワケの画像1
(Image:Leszek Kobusinski / Shutterstock.com) 2016年に登場したiPhone SE。いまだに高い人気を誇っている

これまでアップル未発表製品に関する予想をいくつも的中させた実績があるMyDriversが、「2022年の春にiPhone SE 3が発売される。指紋認証『Touch ID』を備え、『iPhone XR』のようなデザインを採用し、液晶ディスプレイを搭載した最後のiPhoneになる」との見解を示した。

現行の第2世代はiPhone 8ベースのデザインを採用していて、ほかの有名アナリストや他メディアの大方の予想ではそのまま引き継ぐのでは、とされている。MyDrivesはその説に異を唱えた。つまり画面サイズがこれまでの4.7インチではなく、6.1インチになるというのだ。iPhone miniシリーズは来年以降のiPhoneではなくなるとの見方があるため、6.1インチが採用されれば、もう手のひらサイズの最新iPhoneは存在しなくなる、ということだ。

さらに、注目すべきは同サイトではiPhone SE 3ではホームボタンはなくなるものの、側面電源ボタンに「Touch IDが一体化されたタッチボタンが搭載されるのでは」と主張している点だ。

現在、2017年に発売された「iPhone X」以降の新しいiPhoneは、ロック解除に顔を読み取る「Face ID」が採用されている。だが、2020年からの新型コロナウイルスの世界的流行によりマスク生活が当たり前の日常となった今、顔認証ではなく従来の指紋認証、つまりTouch IDの復活を望むiPhoneユーザーは数多い。2021年9月に発売された「iPhone 13」シリーズではTouch IDが復活するのでは、との噂が囁かれ「Touch IDが復活するなら…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合