NEW

安い新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」に乗り換えなかった人の本当の理由とは?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモの「ahamo」をはじめ、スマートフォンキャリア各社が2021年初頭から打ち出し続けてきた「新プラン」合戦。これまでスマホキャリアなどで毎月1万円近い携帯電話料金を払っていたユーザーも少なくない中で、「キャリア回線のまま月額料金が安くなる」として大きな話題となった。「乗り換えない理由がない」とまで言われる新プランだが、現在乗り換えずにいるユーザーはどんな理由があるのだろうか…?

新プランは認知度も上々。乗り換えなかった人は何が理由?

安い新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」に乗り換えなかった人の本当の理由とは?の画像1
「新プランを知らない」人は約7人に1人となった(Soldi調べ)

エイチームのグループ会社であるエイチーム引越し侍が9月28日に発表した、新プランに対する意識調査によると、回答者の86.4%が「新プランを知っている」と答えているものの、「乗り換えた」という回答はわずか18%に留まったという。

そしてこの調査では「大手3キャリアの新料金プランに乗り換えなかった理由」として
・店舗でサポートを受けられない
・キャリアメールなど一部の機能が使えなくなる
・20GBのデータ容量では足らない
・割引やオプションの関係で今のほうがお得
・今の契約に満足している
といった理由が挙げられたといい、ユーザーたちも単に「安ければいい」というわけではなさそうだ。

新プランへの不満、今後改善につながるか?

安い新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」に乗り換えなかった人の本当の理由とは?の画像2
新プランに乗り換えたユーザーの割合が最も高かったのはやはりahamo(Soldi調べ)

契約時やアフターサポートなど「店舗でサポートを受けられない」という意見は、やはりネットを使いこなしている若年層はともかく普段あまりネットを利用しない年代層には厳しいということだろう。現在は有償での店舗サポートなども存在するが、安さを求めて新プランに移るのにお金を払うのは、本末転倒感は否めない。「故障や何かあった場合のフルサポートを店頭で受けたいので」といった回答も見られた。

「キャリアメールなど一部の機能が使えなくなる」というのも、キャリア契約との大きな違いだろう。また、キャリアメールでやりとりしている、というよりも「現アドレスの使用できないと登録しているアプリのアドレス変更が面倒くさい」といった利用中のサービスの登録変更に煩わしさを覚えるユーザーも多いようだ。

「20GBのデータ容量では足らない」の理由では、「月間でユーチューブをかなり多く視聴しているため」「ヘビーユーザーなので低・中容量プランに興味が無い」といった声も多かった。また一方で、逆に「20GBが多い」と…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合