NEW

「楽天カード2枚持ち」のメリットとデメリットを解説!

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天経済圏にどっぷり浸かっている人なら、その中核となる楽天カードは必ず持っているだろう。そんな楽天カードでは、2021年6月から1人で2枚の楽天カードを持つことが可能になっている。だが、同じクレカを2枚持つことに、いったいどんな意味があるのだろうか? そこで今回は、楽天カード2枚持ちのメリットとデメリットについて解説しよう。 

「楽天カード2枚持ち」のメリットとデメリットを解説!の画像1
(Image:rakuten-card.co.jp)

同じ国際ブランドでも楽天カードは1人で2枚持てる!

2021年6月から、楽天カードは1人で2枚持つことが可能になったのはご存じだろう。しかし「同じ楽天カードを2枚持つことに何の意味があるの?」と疑問に思った人も多いのでは? 実は「楽天カードの2枚持ち」には、意外なメリットが隠されている。

現在、楽天カードではVisa/Mastercard/JCB/American Expressの4種類の国際ブランドが選択できるが、以前から異なる国際ブランドであれば1人で2枚持つこも可能だった。たとえば、Visaの楽天カードを持っている人は、Visa以外の国際ブランドのクレカを申し込めたのだ。

これは、国際ブランドによって使えるお店が限定されていたり、お店ごとに特典やサービスが異なる場合があるため、A店ではMastercard、B店ではJCBという具合に楽天カードを使い分けたいニーズに応えたものである。

しかし、今回は同じ国際ブランドであっも、1人で2枚の楽天カードを持てるようになっており、これが従来とは大きく異なる部分である。

「楽天カード2枚持ち」のメリットとデメリットを解説!の画像2
(Image:rakuten-card.co.jp) 楽天カードではVisa/Mastercard/JCB/American Expressの4種類の国際ブランドが選べるが、2021年6月からは同じ国際ブランドでも1人で2枚の楽天カードが発行可能になった

楽天カードを2枚持つことのメリットはたくさんある!

それでは、異なる国際ブランドを持つこと以外に、楽天カードの2枚持ちにはどんなメリットがあるのだろうか? 

まず挙げられるのが、支払いの「使い分け」であろう。たとえば、個人用と仕事用、自分用と家族用など、目的によって利用する楽天カードを使い分けたい人は意外と多いのだ。

次に、楽天カードにはミッキーマウス、お買い物パンダ、FCバルセロナ、ヴィッセル神戸、楽天イーグルス、YOSHIKIといったデザインが異なるクレカも用意されている。

ファンなら是非とも欲しいところだが、すでに所持している楽天カードを異なるデザインカードに変更するには、一旦、現在のクレカを止めてからでないとダメだ。そんなニーズにも、楽天カードの2枚目サービスが役に立つだろう。

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合