NEW

「Photoshop」「Illustrator」がWebブラウザ対応へ! ソフトがなくてもデータ閲覧&コメント可能

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

デザイナーなどクリエイターにとって必要不可欠といっていいソフト「Photoshop」と「Illustrator」に、ブラウザ対応版が登場することがアドビ(Adobe)より発表された。ブラウザで簡易編集できる機能自体はPhotoshop Express Editorなどの前例があるが、今回はWeb上で共同作業ができるようになるそう。これによりファイルをリンク共有でき、Creative Cloudのメンバーでなくてもフィードバックを送ることができ、有料会員であればオブジェクトの移動や文字入れといった簡単な編集ができるようになるという。

プロジェクトメンバーでのファイル共有が可能となり、コミュニケーションが円滑になる?

「Photoshop」「Illustrator」がWebブラウザ対応へ! ソフトがなくてもデータ閲覧&コメント可能の画像1
(Image:Dipu Thakuria / Shutterstock.com) アプリのインストールは大きな容量を必要とするため、その点でのメリットも大きい

まず利点として、Webブラウザで動作するため、ソフトのインストールが不要であることが挙げられる。対応ファイルはアドビのクラウド専用ファイル形式「クラウドドキュメント」のみということだが、Photoshopで使用されるpsdデータ、Illustratorで使用されるaiデータは一度ブラウザ版で読み込めば、クラウドドキュメントに変換されるそう。つまり過去に制作したデータであっても、バージョン違いでの不具合はあるかもしれないが、クラウドドキュメントに変換できるというわけだ。

Webブラウザ版は、チーム管理サービス「Adobe Creative Cloud Web」にも組み込まれており、プロジェクトの初期段階から制作完了までをオンラインで完結できるようになる。煩雑になりがちな、チームでのデータ管理やコミュニケーションがこれで解決できると、アドビは自信満々の様子。確かに、これまではビジュアルの共有とコミュニケーションのやりとりは別々のアプリを立ち上げるしかなかったが、それが一つにまとまればちょっとした勘違いやミスも起こりにくそうだ。

リンク共有されたメンバーから送られたコメントは、制作者のデスクトップ版やアプリに直接届く仕組み。ただし、作業の当事者からすれば、ブラウザ上での作業はちょっと躊躇してしまうのではないだろうか。対応ブラウザは「Google Chrome」または「Microsoft Edge(Chromium Edge)」とのことだが、psdデータやaiデータは容量が重いことが多く、ブラウザが重くなって思うように作業が捗ら…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合