NEW

明石家さんまが後輩芸人から本気で嫌われ出した?ついに“お笑いの帝王”陥落か

文=編集部
明石家さんまが後輩芸人から本気で嫌われ出した?ついにお笑いの帝王陥落かの画像1
明石家さんま

 好感度急落中の“お笑いの帝王”が、ついに芸人仲間からも嫌われ出したようだ。くりぃむしちゅー・上田晋也、次長課長・河本準一、さらには、明石家さんまを“恩人”と慕う千原兄弟・千原ジュニアまでもが苦言を吐き始めたのだ。

 2019年、さんまは「日経エンタテインメント!」(日経BP)が全国の男女1000人を対象に調べた「一番嫌いなお笑い芸人」ランキングで初の1位に。昨年は7位に転じたものの、いまだに拒否反応は続いていると言えよう。

「お笑いでは現役のさんまですが、すでに還暦をとうに過ぎて66歳と、完全なる昭和世代。冠番組の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では男尊女卑とも取れる価値観の押し付けが目に余ると、たびたび批判されてきました。自分でも気にしているのか、最近はそうした価値観バトルでもソフトな語り口になってはいますが、いずれにしても“根っこ”の部分は簡単に変えられないのではないでしょうか」(芸能ライター)

 また、さんまは7月放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で自身の終活について触れた際、「自分は痴呆症になる家系なんや!」「うちの祖父が72歳で痴呆症になったんや!」と発言、15年以上前に「認知症」という呼び名に変わっていることから、物議を醸した。その後、自身の認識を改めたのか、別の番組では「認知症」という現在の呼び方で言及していた。

ギャラの安さが後輩芸人にも影響?

 そんなさんまが芸人仲間から敬遠されているというのは、どういうことなのだろうか?

「さんまに対する愚痴を公に言う芸人仲間が増えているのです。千原ジュニアは9月24日配信のYouTubeチャンネル『千原ジュニアYouTube』で、こんなことを語っていました。この日の動画は、自身の車を運転しながら車載カメラの前でフリートークを繰り広げるものでした。

 生放送の情報番組の収録に向かうという彼は『他の会社やったら、(車で)迎えに来てくれて、その間に資料読んだり、今日取り扱うニュース下調べしたり、運転手の方でもいたら、そうやって現場に向かうんでしょうけど』と自身の現状を嘆きながら、『なんで、こんなことなってんねん? 結局、上なんですよ。さんまさんなんですよ。さんまさんが自分で運転していくからね。ETC代、自分で払って、ガソリン代も自分で払ってね。だからホンマに、さんまさんが会社に言うてくれるか、もっと言うたらさんまさんが我々のETC代を払ってくれるか』と苦笑いしていました。どうやら、さんまが自分の運転で仕事に行くスタイルなので、他の芸人も同様にするという暗黙のルールができているようなのです」(同)

 ジュニアのさんまへのボヤきはこの後も止まらず、「MBS(大阪の放送局)のラジオのギャラがめちゃくちゃ安い。『えっ、嘘やろ!?』みたいなギャラなんですけど。それもさんまさん。さんまさんが全然ラジオのギャラ上げへんから。さんまさんがそれでやってはんねやったら……」と、ラジオに強い思い入れを持つさんまがいまだに破格のギャランティーで引き受けていることが、他の芸人のギャラ設定にも影響していると暴露したのだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合