NEW

荒れるJRAアルゼンチン共和国杯、必勝データ公開!“買うべき馬”が一目瞭然

文=編集部
荒れるJRAアルゼンチン共和国杯、必勝データ公開!買うべき馬が一目瞭然の画像1
いまや日本を代表するレジャーの競馬が面白い

100円が数分で20万円になる競馬

 プロ野球のペナントレースはセ・リーグが東京ヤクルトスワローズ、パ・リーグがオリックス・バファローズと、前年に最下位だった両チームが優勝という快挙を成し遂げた。多くの評論家の事前予想を見ても、かなり想定外の結末だったといえるだろう。

 同じように競馬においても、前走で大敗した馬や超人気薄馬が激走して特大の万馬券が飛び出すのは日常茶飯時。特に今週末に行われるアルゼンチン共和国杯は、昨年は20万馬券が飛び出し、そして過去20年で1番人気馬がわずか4勝と、荒れに荒れているレース。100円が数分後に20万円となって払い戻される20万馬券なんて、一度的中させたら生涯自慢できるほど貴重だ。

 しかし、荒れるということは多くの不的中があるわけで、多くのファンが日夜頭を悩ませている。それでも、毎週新たなチャレンジができるのも競馬の魅力といえよう。

 天皇賞・秋でコントレイル、グランアレグリア、エフフォーリアらが魅せた迫力あるレース、武豊騎手や福永祐一騎手、川田将雅騎手などトップジョッキーが魅せる華麗な追い込み、そして一獲千金も期待できる馬券の破壊力と、今や競馬は日本を代表するレジャーとなっており、多くのファンが参加している。

 もちろん、まだ競馬初心者の人や、これから競馬を始めてみよう、この秋は馬券を買ってみようと考えている方も少なくないはず。ただ、競馬は専門的な知識が多く、すべてを理解するのはなかなか困難。競馬新聞やスポーツ紙を見ても、数字の羅列で暗号のような馬柱表などを前に、いきなり意気消沈してしまうのではなかろうか。

 そこで、もっとシンプルに、そしてわかりやすく、なんの迷いもなく買うべき馬を選べる方法として、多くの初心者が利用している競馬もりあげサイトの「うまスクエア」を紹介しよう。

すべてのコンテンツが無料

 この「うまスクエア」は、すべてのコンテンツが無料で利用できる、なんとも素晴らしい競馬ポータルサイトだ。サイトのコンセプトでもある「競馬をもっともっと楽しむ」ためのあらゆるコンテンツを無料で提供しているのだから、それだけで一見の価値がある。

 今週末の日本中央競馬会(JRA)は、アルゼンチン共和国杯、ファンタジーステークス、京王杯2歳ステークス、みやこステークスといった重賞レースが行われるが、「うまスクエア」の無料コンテンツを利用すれば、4戦4勝も夢ではない。まずは「うまスクエア」のコンテンツがいかに魅力的か、しっかり解説したい。

 まず、競馬場初心者が壁としてぶつかる競馬の予想。先ほどスポーツ紙や競馬専門誌などに掲載されている、馬柱と呼ばれる表に触れたが、いきなりこれを把握するのは初心者には困難。そもそも、馬柱表は昭和から存在するものだが、令和においてはさほど重要ではない。大事なのは、“買うべき馬が何か”がわかればいいからだ。

 そこでオススメするのが、「うまスクエア」の人気コンテンツ『重賞攻略パック』である。世の中にあるさまざまな情報やデータのなかから、本当に馬券にとって重要な要素のみをピックアップしている。それは過去のレースデータ、出走馬の体調、そしてレースのカギを握る関係者だ。たとえば、昨年のアルゼンチン共和国杯で、この『重賞攻略パック』は、勝ち馬オーソリティをいの一番に推奨しており、同馬は見事に勝利して3連単・20万馬券の立役者となっている。それだけに今年はどの馬をプッシュしてくれるのか、非常に興味深い。

荒れるJRAアルゼンチン共和国杯、必勝データ公開!買うべき馬が一目瞭然の画像2
『重賞攻略パック』で紹介された菊花賞2着のオーソクレース

 そして『即実践できる!ボックス予想』もオススメだ。これは、競馬予想において重要な要素といえる【コース・騎手・距離・血統・穴気配】から選ばれた5頭で勝負する馬券。資金に応じて、さまざまな馬券種で活用できるのが嬉しい。この2つがあれば予想に多くの時間を費やす必要はなくなり、ある意味、数分で答えが出る。結果として、自由に使える時間が増えるのもプラスだ。競馬新聞とにらめっこし、数時間をかけて買い目を決める手法は、もはやアナログ時代のものといえよう。

 また、予想コンテンツだけでなく、純粋に競馬を楽しみたい人のためにも、さまざまなコンテンツが用意されている。たとえば、東西トレーニングセンターの最新生情報をお届けする『馬券情報最前線』。一般的に、競馬ファンはスポーツ紙やテレビ、インターネットなどで、さまざまな情報や関係者のコメントなどを入手している。しかし、この『馬券情報最前線』に掲載されているのは、そんな表に出回るような情報ではなく、現場の記者も知らないような驚きのネタばかり。

 秋華賞前のクリストフ・ルメール騎手によるアカイトリノムスメに関する本音、タイトルホルダーで菊花賞を制した横山武史騎手が、前走の大敗後に語った一言――。これらは「うまスクエア」だけでしか読めないものであり、非常に価値が高い。しかも、時として馬券のヒントになるような話も含まれており、必見のコンテンツといえよう。

 加えて、「うまスクエア」を代表する人気コンテンツが、現役の大物馬主である佐々木主浩氏のコラム『大リーグボール22号』だ。米メジャーリーグのシアトルマリナーズや横浜 ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)の投手として輝かしい実績を残し、名球会入りを果たした大物選手だが、現役引退後は競馬の馬主となり所有馬が大活躍。愛馬がジャパンカップやドバイのG1レースを勝利するなど、その実績は誰もがうらやむほど。

 そんな佐々木氏が、馬主としての日常や週末のレースに関して予想を公開しているのだ。プロ野球の解説者としても多忙にもかかわらず、毎週コラムを掲載しているのだから、かなりの意気込みを感じる。しかも、この秋は京都大賞典で馬連109倍の万馬券を的中させているように、何度も大きな的中につながっているから侮れない。

 ほかにも、毎週木曜日から日曜日に配信する『競馬がもっともっと楽しくなるメールマガジン』など、とにかく「うまスクエア」は競馬に関するあらゆる要素が盛りだくさん。このサイトを活用すれば競馬をより楽しめ、そして馬券においても大きなプラスになることは間違いない。

荒れるJRAアルゼンチン共和国杯、必勝データ公開!買うべき馬が一目瞭然の画像3
メルマガも好評。スプリンターズステークスでは10番人気シヴァージをピックアップ

 馬券は20歳を越えていれば誰でも購入できる。コロナ禍で利用できなかった競馬場や場外馬券売り場も、少しずつコロナ前の状況に戻りつつある。このチャンスを逃さないためにも、完全無料サイトの「うまスクエア」をしっかり活用し、来週末以降のエリザベス女王杯やジャパンカップ、さらには有馬記念や来年の金杯でも目一杯、競馬を楽しもうではないか。

(文=編集部)

CLICK→【重賞攻略パック(G1含む)その他コンテンツ全て無料公開!】うまスクエア

※本稿はPR記事です。

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合