NEW

妻や夫の不倫を認める“オープンマリッジ”とは?婚外恋愛を選択する夫婦の事情

文=田中慧/清談社
【この記事のキーワード】, ,
妻や夫の不倫を認めるオープンマリッジとは?婚外恋愛を選択する夫婦の事情の画像1
「gettyimages」より

 既婚者にとって「不倫」のリスクは大きくなるばかりだ。政治家や芸能人、アスリートなどの場合はメディアで厳しく追及され、キャリアを左右するほど断罪されることもあり、一般社会でも不倫に対する風当たりは強い。

 一方で、結婚していながらもパートナーの恋愛を容認する「オープンマリッジ」の認知が徐々に高まっているという。「結婚したら生涯、その人と添い遂げる」という常識に縛られない新たな夫婦関係のあり方について、国内最大級の既婚者マッチングサービス「既婚者クラブ」の副管理人・あいこ氏に話を聞いた。

婚外に恋人を持つ「オープンマリッジ」とは

「歴史を振り返れば、明治時代初期くらいまでは『お妾さん』など、日本でも事実上の一夫多妻が慣行されていたこともありましたが、現代では不倫は隠すべき後ろ暗い行為とされています。しかし今、1970年代にアメリカの社会学者のオニール夫妻によって提唱された、婚姻関係を保ったままで夫や妻以外に恋人をつくることを夫婦で容認し合う『オープンマリッジ』という倫理観が、世界的に広がりつつあります。オープンマリッジで婚外の恋人の存在をオープンにするのはあくまでパートナーに対してだけで、知人や親戚などにまで宣言するものではありません」

 そう解説するのは、既婚者クラブの副管理人を務めるあいこ氏だ。既婚者クラブは独身者は参加できないマッチングサイトで、結婚していながらもさまざまな事情でパートナー以外の交際相手を求める人たちの出会いの場となっている。パートナーに秘密で登録している人もいるが、なかには夫婦で利用しているケースも存在するという。

 しかし、結婚相手以外と恋愛をするオープンマリッジは、いわゆる“不倫”とどう違うのだろうか。

「不倫はパートナーに隠しながらコソコソと恋愛をするものなので、バレたら離婚につながるなど、人生設計が崩れるリスクがあります。一方、オープンマリッジはパートナーが認めた上でほかの人と恋愛することができるため、気持ちの上で結婚相手を騙すような罪悪感を持つ必要はありません」(あいこ氏)

 近年、ドラマや漫画で「セカンドパートナー」や「婚外恋愛」などが取り上げられ始めているが、オープンマリッジはそれらと近しい関係性だ。ただ、前者は恋愛感情だけで性交渉がないのに対し、オープンマリッジは合意の上で交際相手との性交渉も認める関係となる。

 また、オープンマリッジは夫婦が性的パートナーを交換する“スワッピング”とも異なる。スワッピングは性的嗜好の一種で「多くの人とさまざまなプレイがしたい」という欲求によるものと定義される。対して、オープンマリッジは恋愛の一環として恋人に選んだ1人だけと性交渉を含んだ交際をする関係性なのだ。

「オープンマリッジでは、夫婦がともに恋人をつくる場合もあれば、どちらか一方のみが婚外関係をつくることもあり、夫婦の価値観や事情によって関係性はさまざまです。恋愛と同様に、夫婦の形も千差万別になっていると言えます」(同)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合