NEW

楽天モバイル、Android 12アップデートで自社オリジナル端末全てがまさかの対象外に!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天モバイルが10月27日、Android 12へのバージョンアップを予定するスマートフォン製品リストを公開した。対象機種はAQUOSやGalaxyシリーズ、OPPOなどの計8種類で、これらの端末には今後、Android 12へのバージョンアップが提供されるようだ。ところが、一部の楽天ユーザーからは不満の声が上がっているという。ユーザーとしては嬉しいはずのバージョンアップの発表で異論が噴出する理由とは…?

オリジナル端末はすべてアプデ対象外に?

楽天モバイル、Android 12アップデートで自社オリジナル端末全てがまさかの対象外に!の画像1
(Image:network.mobile.rakuten.co.jp) 破格の料金で利用できる楽天モバイル。オリジナル端末はこちら

不満の声が上がっている理由、それは「楽天モバイルのオリジナル端末がアプデ対象外になっているから」。公式サイトを確認すると、「Rakuten BIG s」「Rakuten BIG」「Rakuten Hand」のオリジナル3機種は、現時点ではAndroid 10のまま。Android 11以降へのバージョンアップ予定は今のところ未定のようだ。

楽天モバイルのオリジナル端末はコストパフォーマンスが高く、ポイント還元を差し引けば5G対応のスマホが高くても3万円程度で購入できる。小さめサイズのRakuten Handにいたっては、製品価格が2万円でポイントが最大2万ポイント還元されるので実質タダで手に入ってしまうのだ。ユーザーも安い分ある程度はアフターサポートについて過度な期待をしていないのかもしれないが、メイン機として使っていたユーザーからは落胆の声が漏れている。

楽天モバイル、Android 12アップデートで自社オリジナル端末全てがまさかの対象外に!の画像2
(Image:network.mobile.rakuten.co.jp) 楽天モバイルからのバージョンアップ予定機種案内

安かろう悪かろう”のイメージが加速?

楽天モバイル、Android 12アップデートで自社オリジナル端末全てがまさかの対象外に!の画像3
(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com) スマホに頓着がない人なら楽天モバイルは最適?

オリジナル端末がアプデ対象外になったことについて、ネットでは「自社製のも頑張ってほしかった」「自社端末はアプデ予定無し?流石斜め上逝くキャリアの楽天だね」「もう楽天端末は買いません」など批判的な声も多数。通信障害などでユーザーを騒がせている楽天モバイルだが、今回の一件でまたイメージダウンしてしまったようだ。

また、なかには「あの値段なら売り逃げ目的なのはわかりきってる話」と指摘する声も。恐らくだが、オリジナル端末は販売価格をリーズナブルに設定したため、アップデートまで費用を捻出できなかったのだろう。もし次にオリジナル端末が新発売することになっても、購入する人は少ないのかもしれない。

料金プラン・端末ともに驚きの安さでスマホ界の常識をひっくり返し、世間を賑わせた楽天モバイル。しかし、購入…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合