NEW

RIP SLYMEの闇…グループ内でイジメか、メンバー脱退を4年も隠蔽の異常さ

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
RIP SLYMEの闇…グループ内でイジメか、メンバー脱退を4年も隠蔽の異常さの画像1
RIP SLYMEのInstagramより

 ヒップホップグループ・RIP SLYMEの初期メンバーだったPESが、11月1日にコメントを出し、2017年9月に同グループおよび所属していた田辺エージェンシーから離れていたことを明らかにした。

 PESは、「様々な理由から今後RIP SLYMEのメンバーとして活動を続けることが困難であると判断」したとし、発表までに時間がかかった理由については「複雑な話であることや色々な出来事が重なる中で自分が公表できる立場にいるのかも分からず、彼らに関わりたくないという思いもあり遅くなってしまいました」と説明。PESのコメントに対し、ネット上の反応は驚きや困惑、同情、理解を示す声などさまざまだ。

 RIP SLYMEは、現メンバーのRYO-ZとILMARI、そしてPESの頭文字を取った“RIP”に、当時流行していたオモチャの「スライム(SLIME)」を“SLYME”表記に変えてグループ名としており、のちに現メンバーのDJ FUMIYAと、SU(2017年に活動休止)が加入して、01年3月に1stシングル「スラッパーズ・ディライト」でメジャーデビュー。同10月発売の「One」や、02年6月発売の「楽園ベイベー」などヒット曲を生み出し、近年も、13年11月発売の「SLY」が同10月期のフジテレビ系連続ドラマ『リーガルハイ』の主題歌に採用されるなど、長年にわたって活躍してきた。

 ところが17年4月、「フライデー」(講談社)がSUとモデル・江夏詩織の不倫をスクープ(江夏は19年12月に本人のInstagramで「栞」名義への変更を発表)。SUは10年6月に歌手・大塚愛と結婚していた既婚者であり、この不倫報道によって活動を休止(大塚とは18年11月に離婚)。一方、RIP SLYMEは17年9月にPES、RYO-Z、ILMARI、DJ FUMIYAで音楽フェス「氣志團万博」に参加した後、グループ活動を停止。PESはこの節目で脱退していたことになる。

 18年10月30日、RIP SLYMEが正式にグループ活動休止を発表した際、PESは自身のTwitterに寄せられたファンからの質問に対して、

「すみません。変なのですがホントにニュースで知ったので…。何も聞いていないのでその旨も伝えられないというか…。わたしは随分前から何も出来ない立場なので謝ることしか出来ません。申し訳ありませんでした」(原文ママ、以下同)

などとコメント。また、19年3月14日付のツイートでも、ファンからのメッセージに返信する形で

「何度も何度も言っているんですが私に解散とか休止とか辞めるとか再開するとか発言する権限がないんですよ。そういう扱いというかお手伝いさんというかパシリというか。バイトに会社の責任追及する様なモノですよ」

と発言していたこともあり、ネット上ではRIP SLYMEの“不仲説”が取り沙汰されていたのだが、最近は“PESがハブられている疑惑”が濃厚になってきていた。

「それで逃げ切れると思ってるんですかね、、、。」と

 そんななか、PESは今月1日にグループ脱退を明らかにし、RYO-Z、ILMARI、DJ FUMIYAに対しては「何度も心を折られているので、また同じステージに立つことは想像すら出来ません」と強い拒絶を示した。SUが不倫騒動を起こして以降、RIP SLYMEは表向きにはPES、RYO-Z、ILMARI、DJ FUMIYAの4人が残っていることになっていたが、PESによると

「彼らが5人での活動を匂わす言動をするたびに、私に否定的な意見が多く集まりました。ファンの方から向けられる純粋な質問にはっきり答えたつもりでも傷つけてしまうことが多く、彼らが何かするたびに私の知らないところで話を聞いたファンの方からまた質問が来るのではないかと怯える」

ようになってしまったそう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合