NEW

「中央線沿線」の住みやすい駅ランキング、3位武蔵境駅、2位三鷹駅、新宿駅まで約30分とアクセス抜群の1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

都内の代表的な路線として知られる中央線。東京や新宿といった都心から、デートスポットの吉祥寺、古着好きが通う高円寺などたくさんの魅力的な街が連なっている路線だ。中央線沿いに住んでいれば、休日の過ごし方に困ることはまずないはず。次の休みはどこにいこうか、ワクワクする日々を送れることだろう。そこで今回は、「ねとらぼ調査隊」が発表した、中央線で住みやすい街ランキングについて紹介する。

中央線住みやすい街、5位「西荻窪駅」、4位「荻窪駅」

「中央線沿線」の住みやすい駅ランキング、3位武蔵境駅、2位三鷹駅、新宿駅まで約30分とアクセス抜群の1位は?の画像1
(Image:MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com) 中央線の正式名称は「中央本線」。東京から名古屋を結ぶ、日本一長い路線だ

ねとらぼ調査隊は、「『中央線』で住みやすい駅はどこ?」というアンケートを実施。本記事では、その結果からトップ5に絞って各駅の特徴を解説していく。

第5位は「西荻窪駅」。住みたい街ランキング常連の吉祥寺の隣駅であり、レトロな商店街やセンスの良い雑貨屋が魅力のエリアだ。駅周辺にはオシャレな個人経営の飲食店も多く、外食派の人は毎日おいしく楽しく過ごせること間違いなし。ただ、土日に限っては中央線の快速列車が停車しないため、総武線の各駅列車を利用する必要がある。

第4位は「荻窪駅」。駅前にはルミネや西武があり買い物に便利、駅から離れると閑静な住宅街となるため、ファミリーでも暮らしやすい街だ。カレーとラーメンの激戦区としても知られており飲食店も充実。中央線のほかに東京メトロ丸ノ内線も通っているため、移動には困らないだろう。

「中央線沿線」の住みやすい駅ランキング、3位武蔵境駅、2位三鷹駅、新宿駅まで約30分とアクセス抜群の1位は?の画像2
1位に選ばれたのは東小金井駅と国分寺駅に挟まれた「武蔵小金井駅」に決まった

(画像は「写真AC」より引用)

第3位は「武蔵境駅」。吉祥寺から西に2つ進んだ駅であり、一言で表すと“暮らしにちょうどいい街”だ。駅ナカにスーパーがあり、北口の商店街にはドラッグストアや銀行、郵便局など日々の暮らしに必要な施設が集結。南口のイトーヨーカドーには「ユニクロ」「無印良品」「ダイソー」などが入っているため、買い物であちこち周らなくてもいいのは嬉しいポイントだ。

第2位は「三鷹駅」。「三鷹の森ジブリ美術館」で知られる街であり、隣駅の吉祥寺よりも落ち着いた雰囲気。町ぐるみのイベントなども数多く開催されており、治安も良いため、東京で平穏に暮らしたい人にはぜひおすすめしたいエリアだ。ネット上でも「確かに三鷹は住みやすかった。始発駅だし、スーパーも複数あったし、街も綺麗だったし、吉祥寺に歩いて行けるし」と、経験者のリアルな声も聞こえていた。

そして第1位は、「武蔵小金井駅」。23区外の小金…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合