NEW

視聴率民放最下位の『めざまし8』が『モーニングショー』に勝てない致命的理由

文=編集部
視聴率民放最下位の『めざまし8』が『モーニングショー』に勝てない致命的理由の画像1
めざまし8 – フジテレビ」より

 スタートして早や8カ月。谷原章介が司会を務める『めざまし8』(フジテレビ系)の視聴率は、一向に上昇の気配が見られない。そればかりか、11月2日にはさらに数字を下げてしまったという。

「2日の全体世帯視聴率は4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人視聴率は2.4%でした。また、4日は世帯5.0%、個人2.5%と同時間帯の民放ワイドショーで最下位です。一方、王者を独走している『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)を見ると、2日は世帯9.4%、個人5.0%。4日は9.6%、5.2%と盤石です」(芸能ライター)

 3月29日の初回は世帯6.2%、個人3.2%と、前4週の平均(世帯5.9%、個人2.9%)を上回る幕開けだった『めざまし8』だが、以降は低空飛行を続けている。前の番組『とくダネ!』時代より数字を落としてしまっては、クビを切られた形の小倉智昭も浮かばれないだろう。停滞の原因としては、どういったことが考えられるのだろうか?

相次ぐ谷原章介の“発言スルー”問題

 致命的なのは、谷原がコメンテーターに話を振った後、投げっぱなしのまま締めくくろうともせず、別の話題に移ってしまうことだという。

「11月1日の放送では、前日に発生した京王線の刺傷事件について、元大阪府知事の橋下徹氏が『これ、身勝手なんですよ。身勝手なんですけど』と容疑者の凶行を断罪しながら『どこか受け皿的に支援というか対話をしてくれるような場所があれば、ここまでの犯罪にならなかったという可能性はある。社会の孤立・孤独対策のネットワークが必要』と言及しました。

 それに対して、谷原は『確かに予防措置・予防対策、必要だと思うんですけど』と返しただけで、『同じように電車内でこういう凶行な事件が突発的に起こった場合、鉄道会社でマニュアルとかあったりするんですか』と、いきなり視点を変え、専門家に事件対策について質疑したのです」(同)

 こうした“スルー”は時間の制約もあるため仕方ない面もあるだろうが、別の日にもコメンテーターの発言を受け流す場面が見受けられた。

 10月6日の放送では、地球温暖化や気候変動の予測モデルを開発したことが評価されてノーベル物理学賞を受賞した、米プリンストン大上席研究員・真鍋淑郎氏の特集が組まれていた。

 谷原はコメンテーターで元衆議院議員の金子恵美氏に「金子さん、僕たちにとって気候変動は生活に大きく関わっていますよね?」と質問すると、金子氏は「いち早く環境問題や気候変動について、こういう要因があると示したのは意義深い」と真鍋氏の功績を称えた。さらには、同氏がアメリカで研究を続けることになった背景として、日本の研究環境の遅れを指摘。「基礎研究というのは時間がかかるんですけど、こういう形で花開くんだということを示してくださったので、目先のことだけではなくて、若い研究者の方々への投資もしていかなければならない」と訴えた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合