NEW

徳光和夫、AKB妊娠発言以外もセクハラ&女性蔑視発言の連続…放送倫理を逸脱

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
徳光和夫、AKB妊娠発言以外もセクハラ&女性蔑視発言の連続…放送倫理を逸脱の画像1
日本司会芸能協会のHPより

 フリーアナウンサー・徳光和夫が、ネット上で猛バッシングを浴びている。

 徳光は、10月30日にお笑いタレント・水道橋博士のYouTubeチャンネル「水道橋博士の異常な対談 ~Dr.Strangetalk~」で公開された「【徳光和夫Part4】水道橋博士がどうしても聞きたかった明石家さんまの話/「オジサンズ11」の打ち上げでウケまくった一言/紅白司会が幻となったワケ【フリーアナウンサー】」という動画に出演しており、大御所芸人・明石家さんまについて語るなかで「この間(さんまに)お目にかかったとき、本当に若々しかったですね。まだ、AKBの1人や2人は妊娠させられますよ」と、アイドルグループ・AKB48に対してのセクハラとも取れるコメントをしていたのだ。

 案の定、「あり得ない発言!」と批判が噴出し、AKBファンからは失望の声も。というのも、徳光は「AKB48選抜総選挙」の司会を務めた経験もあるからだ。11月8日までに、水道橋博士のYouTube動画から徳光の問題発言があった箇所は削除された。騒ぎに気づいたことにより対応したものとみられるが、現時点でも徳光や水道橋からはなんの説明もないままであり、炎上は続いている。

 ネット上には

「最初から編集でカットしなかったってことは、徳光だけじゃなくて水道橋もセクハラ発言に気づいてなかったわけ?」

などと、水道橋サイドへの厳しい意見もあるが、大多数が発言した張本人、徳光を批判している状況。

「アナウンサーなのに言って良いこと、悪いこともわからないのか」

「アナウンサーとしての在り方以前に、人間性の問題」

といった声のほか、

「そもそも徳光はなんか“良い人キャラ”で売ってるけど、実は“ヤバい発言”も多い」

という指摘も見られる。

藤田ニコルや女性店員にも

 徳光といえば、1980~2010年まで総合司会を担当した『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)やほかの番組でも、たびたび“感涙”する姿を見せてきたため、なんとなく“善人”のようなイメージがあるのだろう。しかし、そんな徳光の言動が問題視された例も少なくない。

 18年9月に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で“アルコールあり”の収録に参加した徳光は、視聴者から見ても酔っ払うほど飲酒した挙句、共演者のモデル・藤田ニコルに「可愛いね」と話しかけて肩に触れ、さらには彼女の顔に自分の手の甲を当てて撫でた。ネット上には、

「セクハラでしかない! 気持ち悪い!」

「にこるんの立場では、カメラが回ってる中で芸能界の大先輩にあんなことされても逃げられない。可哀想すぎる」

といった書き込みが相次いだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合