NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん、面会した母の元婚約者に謝罪せず…自己正当化・元皇族の夫という特権意識

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
小室圭さん、面会した母の元婚約者に謝罪せず…自己正当化・元皇族の夫という特権意識の画像1
宮内庁のHPより

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さんと結婚した小室圭さんが、11月12日、母親の佳代さんの元婚約者と面会し、約400万円の「解決金」を支払うことで金銭トラブルの解決に合意したと報じられている。

 この「直接交渉」についての元婚約者の独占手記が「FRIDAYデジタル」(11月13日配信/講談社)に掲載されており、それを読んで、小室さんはやはり“絶対謝らない人”なのだと改めて痛感した。

 というのも、手記で元婚約者は「交渉を通じて向こうから謝罪の言葉のようなものはありませんでした」と述べているからである。一方、小室さんが「母と一方的に婚約破棄をしたこと、そして様々なことを週刊誌に暴露したことは大変悲しいです」と言い、何度も「悲しい」と繰り返したので、元婚約者は「それは申し訳なかった」と頭を下げたという。

 手記に書かれていることが事実とすれば、小室さんは“絶対謝らない人”といえる。こういう人はどこにでもいる。なぜ謝らないのだろうか。

 一般に次の4つの心理がからみ合っていると考えられる。

1)  自己正当化

2)  「謝ったら負け」「謝ったら損」という思い込み

3)  「自分は特別な人間だから少々のことは許される」という特権意識

4)  罪悪感を覚えない「ゲミュートローゼ」

 まず、自己正当化することが大きい。この自己正当化の傾向は誰にでも多かれ少なかれ認められる。誰だって、自分が過ちを犯したとも、間違っているとも思いたくないからだ。むしろ、「自分は悪くない」と思い込んでいたいはずだ。

 ただ、自己正当化の傾向が人一倍強い人が存在するのはたしかであり、小室さんもその1人のように見える。こういうタイプは、「暗点化 ( scotomisation )」が起きやすい。

「暗点化 」とは、自分が経験したにもかかわらず、不都合な事実や思い出したくない出来事が意識からすっぽり抜け落ちる現象であり、フランスの神経学者、シャルコーが見出した。自分にとって都合の悪いことや望ましくないことが意識にのぼってこないようにして、葛藤を避けるための無意識のメカニズムと考えられる。

 厄介なのは、「暗点化」による自己正当化が知らず知らずのうちに起き、その自覚が本人にないことだ。嘘であれば、嘘をついているという自覚があるが、自覚がない分、嘘よりも自己正当化のほうが厄介といえる。

 母親が元婚約者から受け取ったお金は、借金ではなく贈与だと小室さんは主張し続け、今年4月に出した文書でも元婚約者の「返してもらうつもりはなかった」という言葉に23回も言及したが、これも「暗点化」による自己正当化ではないだろうか。

 また、「謝ったら負け」「謝ったら損」と思い込んでいて謝らない人も少なくない。こういう人は、謝ったら自分の過ちや間違いを認めることになるので、さらに厳しく追及されたり、多額の金銭を要求されたりするのではないかと恐れている。この恐怖から決して謝らない。むしろ、相手の落ち度をあげつらって、相手を一段劣った立場にとどめておき、さらなる追及や要求を封じ込めようとする。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合