NEW

『マスカレード・ホテル』の長澤まさみ、写真集が大爆死か…それでも愛される絶対的魅力

文=藤原三星
『マスカレード・ホテル』の長澤まさみ、写真集が大爆死か…それでも愛される絶対的魅力の画像3
来年1月14日に公開予定の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』も期待大だ。前作の『プリンセス編』ではその演技力を評価され、第33回日刊スポーツ映画大賞の主演女優賞に輝いた長澤まさみ。キャリアを重ねるごとに魅力はどんどんと増しているようだ。(画像は同映画公式サイトより)

野田秀樹の舞台『THE BEE』、庵野秀明の映画『シン・ウルトラマン』など、話題作が目白押し

 とはいえ、冒頭で述べた通り女優業では絶好調。現在は野田秀樹作・演出の舞台『THE BEE』に出演中で、来年1月には『コンフィデンスマンJP 英雄編』の公開も控えている。

「長澤さんの当たり役である『コンフィデンスマンJP』シリーズは、2018年にフジテレビの月9枠で連ドラとして始まり、その後映画化され、第1作『ロマンス編』が29.7億円、第2作『プリンセス編』が38.4億円と大ヒット。長らく、主演俳優のヒロイン役のイメージが強かった彼女ですが、やっと主演作で当たり役を手にした印象です。シリーズ第3作の『英雄編』も、さらなる大ヒットが期待されていますね。

 また、現在公開日調整中の映画『シン・ウルトラマン』も、来年の公開は確実。企画・脚本を庵野秀明さんが手がけ、『シン・ゴジラ』の制作陣が多数参加していることもあって、来年の最も大きな話題作となるでしょう。この作品で長澤さんがどんなヒロイン役を務めるのか、注目が集まっています。

 女優歴21年のキャリアのなかで、詐欺師や母親役など演じられる役の幅も広がり、まさに今が旬。舞台女優としてもオファーが多く、各界のクリエイターたちがいま一番仕事をしたい女優といわれています。すでに大ベテランの風格がありながら、まだ34歳。浮いた噂もしばらく聞かないので、まだまだ第一線で活躍し続けるでしょうね」(前出・週刊誌記者)

 CM出演も途切れることなく、この21年をトップ女優として駆け抜けてきた長澤まさみ。写真集が多少スベった程度では、痛くもかゆくもないようだ。

(文=藤原三星)

木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像3

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合