NEW

GACKT、活動休止中に不倫疑惑、格付け欠場は敵前逃亡?『翔んで埼玉』降板か

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
GACKT、活動休止中に不倫疑惑、格付け欠場は敵前逃亡?『翔んで埼玉』降板かの画像1
GACKT

 17日付「文春オンライン」記事は、人気アーティストのGACKTが既婚女性と不倫関係にあったと報じた。

 GACKTは9月、キプロスから帰国後に体調を崩し、神経系疾患と発声障害のため芸能活動を無期限休止すると発表。「必ず帰ってきます。もっと強くなって。もっとすごいGACKTになって」とコメントしたが、来年公開予定の出演映画『翔んで埼玉2(仮題)』の撮影は一時中断となり、今月17日には、GACKTが常連出演陣として名を連ねるお正月番組『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)に出演しないことがわかったとスポーツ報知によって報じられていた。

「文春」によれば、GACKTは活動休止中にもかかわらず一般の既婚女性を自宅に宿泊させるなどして不倫関係にあったという。

 GACKTといえばここ最近、その行動や発言が問題となるケースが相次いでいた。

 2018年、自ら広告塔を務めて“GACKTコイン”とも呼ばれた仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」をめぐり、多額の損失を抱える投資家が多数出た一方で、自身は上場直後に数千万円を売り抜けたという報道も出ている。

 20年には「女性を“一流”にするためのブランド」というコンセプトを掲げ、カリスマホストのROLAND、実業家の門りょう氏と共同でプロジェクト「G&R」立ち上げたが、同ブランドのドレスの一部が他ブランドのデザインと酷似しているとの指摘が続出。「G&R」運営元のdazzyは12月、商品の販売中止と回収に追い込まれたが、GACKTは釈明に追い込まれた。

 今年に入ってもトラブルは続く。2月には、YouTubeチャンネル上で「GACKTが愛犬を里子に出しました」という動画を投稿し、5カ月間飼っていた愛犬を知人に譲渡したと報告したが、その行為に対してペットの飼育に詳しい人々から批判が続出する“愛犬譲渡騒動”が発生。

 そして5月には「17LIVE(イチナナ)」上で行ったライブ動画配信で新型コロナウイルス感染症について以下のように発言し、物議をかもす事態も起きていた。

<日本は変異種みたいなふうに言ってますけど、まあまあまあ、みなさん、コロナよくないっすか? あんまり神経質になること、やめないですか? コロナ、コロナって言ってますけどね、もう風邪ですよ、これ。風邪、はい、例年ね、風邪でなくなる方もいっぱいいるわけですから、風邪ですよ、風邪>

<医療従事者の方たちが、もうなんか『病院では対応が無理になってきた』とか言ってるじゃないですか。ところが日本の病院の多くが今、潰れ始めているんですよね。なんでか、わかりますか? はい、これ皆さん知らないと思うんでね。ちょっと知っておいてください>

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合