NEW

『ベストアーティスト』3歳の乃々佳ちゃん、他の歌手たちを圧倒してしまう“事件”

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
『ベストアーティスト』3歳の乃々佳ちゃん、他の歌手たちを圧倒してしまう事件の画像1
村方乃々佳ちゃんのYouTubeチャンネル「ののちゃんねる」

 11月17日、日本テレビ系の音楽特番『ベストアーティスト2021』が生放送された。総合司会は、13年連続での起用となる嵐・櫻井翔で、今回はオープニングのパフォーマンスも担当。嵐の名曲「カイト」(20年7月発売)をピアノ演奏で披露し、ネット上には、

「翔くんのピアノに聞き入ってしまう」

「嵐の大切な曲を、翔くんがピアノで聞かせてくれるなんて、なんか泣けてきた」

「嵐は活動休止中だけど、翔くんのピアノにメンバーの歌声が重なってくるようなイメージで聞いてました……」

といった声が寄せられた。

 そんな感動ムードから始まった番組は約4時間の生放送で行われ、ネット上にもさまざまなコメントが飛び交ったが、まず大きな話題を呼んだのは番組序盤に登場した“3歳の歌姫”こと村方乃々佳ちゃんである。

 乃々佳ちゃんは昨年11月、当時2歳5カ月で出場した「寛仁親王牌 第35回童謡こどもの歌コンクール」で童謡「いぬのおまわりさん」を歌い、史上最年少での「こども」部門銀賞獲得によって一躍有名に。現在は公式YouTubeチャンネル「ののちゃんねる」での配信を続けつつ、子役として『にほんごであそぼ』(NHK Eテレ)やCMなどにも出演している。

 今回、『ベストアーティスト』には人気漫画『鬼滅の刃』(集英社)のメインキャラクター・竈門禰豆子のコスプレで登場し、視聴者をメロメロにしていたが、その姿でステージに立ち、大ヒット映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」(20年10月発売)を歌唱すると、

「乃々佳ちゃんの『炎』可愛すぎる……!」

「『炎』歌うために禰豆子の格好してたとは思わなかった!」

「3歳で『炎』歌えるのすごくない!?」

などと大騒ぎに。ツイッター上でも「ののかちゃん」がトレンド2位まで急上昇したのだった。

 一方、本家の「炎」を歌うアーティスト・LiSAもに登場し、まさに番組放送同日の17日に発売された新曲「明け星」を披露。同曲も現在放送中のテレビアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』(フジテレビ系)のオープニングテーマとなっており、ネット上のファンは盛り上がっていた。ただ、一部ネット上には「LiSAが出るなら、やっぱり『炎』も彼女に歌ってほしかったな」という声も。

LiSAとポルノグラフィティも出演の出演にザワつく

 また、LiSAといえば、昨年1月に結婚した声優・鈴木達央の不倫を今年7月に「文春オンライン」がスクープ。一時期はLiSAも「心身疲労の静養で一部活動を休止」しており、すでに活動再開しているものの鈴木との夫婦関係の行方はハッキリしていない。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合