NEW

ここが面倒くさい! 最大2万円給付の「新マイナポイント」6つのポイントを解説

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

マイナンバーカード取得者がキャッシュレス決済を利用することで、最大5,000pt(利用額の25%)もらえる「マイナポイント」事業は、2021年12月末で一旦終了する。しかし、これからマイナンバーカードを作る人は、新たな「マイナポイント」事業によって最大2万円ももらえるチャンスがあるのをご存じだろうか? そこで今回は、新マイナポイント事業について詳しく解説するが、実はこれがかなり面倒くさいのだ……。

そもそも「マイナポイント」事業って何なの?

ここが面倒くさい! 最大2万円給付の「新マイナポイント」6つのポイントを解説の画像1
(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

「マイナポイント」事業とは、2020年9月からスタートした制度で、何度か延長されて2021年4月末までにマイナンバーカードを申し込んだ人が、2021年12月末までにキャッシュレスサービスを利用することで、利用額の25%(最大5,000円)を受け取れる制度。

だが、2021年11月1日現在、マイナンバーカードの交付枚数は約4,955万枚で普及率は39.1%しかない。そこで政府はさらなる普及を目指し、「新マイナポイント」事業を予定しているというわけだ。

当初、政府は「新マイナポイント」事業では1人最大3万円給付としていたが、2万円に目減りした。それでも、マイナンバーカード新規取得&キャッシュレス決済で最大5,000円、健康保険証の利用登録と預金口座の紐づけで各7,500円(合計2万円)ももらえるのだから、お得なのは間違いない。

だが、マイナポイントを取得するための手続きは非常に煩雑で面倒くさいのだ。そこで今回は、マイナポイントを取得するとき、いったいどのような点が面倒くさいのか、6つのポイントを解説しよう。

ここが面倒くさい! 最大2万円給付の「新マイナポイント」6つのポイントを解説の画像2
筆者は2020年9月1日に即効でマイナポイントを申し込んだが、マイナンバーカードの取得からマイナポイントの申し込みまでは、トラブルも多くて非常に面倒くさかった

【1】まずマイナンバーカードを取得するのが面倒くさい

「マイナンバー」は、日本に住民票を持つ人全員に割り当てられている12桁の個人番号のこと。それを証明するICチップ付きカードが「マイナンバーカード」だ。

マイナンバーカードがあれば、さまざまな行政手続きが簡略化されるが、もっとも身近なことで言えば、コンビニのマルコチコピー機で住民票や印鑑証明を簡単に取得できるほか、顔写真入りなので運転免許証のように本人確認書類として利用できる。

とはいえ、運転免許証を持っている人にとっては身分証明書としての必要性は低く、後付けの健康保険証機能もさほど魅力的ではない。つまり、マイナンバーカードには“わざわ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合