NEW

紅白、なにわ男子は出場せずKAT-TUN出場の謎…亀梨が滝沢副社長のタキニ?

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
ジャニーズ事務所
ジャニーズ事務所

 今年でCDデビュー15周年を迎えたあのグループの『紅白』初出場が、さまざまな憶測を呼んでいるようだ――。

 19日、大みそか放送の『第72回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、ジャニーズ事務所所属グループはKing&Prince、KAT-TUN、SixTONES、Snow Man、関ジャニ∞の5組が出場することが明らかとなった。

「ジャニーズ枠は昨年と同じ7組は固いとみられていただけに、2組の減は意外。さらに出場が確実視されていたSexy ZoneとHey! Say! JUMPが外れたのに加え、KAT-TUNが選ばれたのは驚きというか、“なぜ?”という受け止め方が世間の素直な反応だろう。11月にデビューした、なにわ男子もジャニーズが猛プッシュして人気急上昇中だけに、出場もあるのではと見られていたが、さすがに“紅白出場は早すぎ”と判断されたのかもしれない」(テレビ局関係者)

「セクゾが外れたのは予想外。今、事務所はセクゾの中島健人を“ポスト中居正広”としてバラエティ枠の顔に育てようと力を入れているので、なぜ『紅白』欠場になったのか不思議というか不自然な気もする」(別のテレビ局関係者)

 KAT-TUNといえば、この15年の歩みは波乱万丈ともいえるほど険しかったことでも知られる。2001年に6人でデビューしたKAT-TUNだが、10年には亀梨和也とツートップ的な人気を誇っていた赤西仁が突如、グループを脱退してソロに。12年には女優・黒木メイサとの結婚をジャニーズ事務所に事後報告したとして問題視され、14年に退所。13年にはルール違反が重なったとして田中聖が事務所から契約を解除された。さらに、16年には田口淳之介も事務所を退所し、19年には大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕される事件を起こしていた。

 結果、3人が抜け、現在は亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人で活動している。

「上田と中丸は現在38歳で、年齢的には嵐とほぼ同い年だが、順調に国民的グループへの階段を駆け上がった嵐と比較すると、対照的なイメージがずっとまとわりつき続けてきたのは否めない。そのため、少し前にKAT-TUNの3人がテレビ番組(『櫻井・有吉THE夜会』TBS系)で嵐の櫻井翔と共演した際、中丸が『(嵐には)KAT-TUNにはない温かさがある』と言い、さらに上田も『地獄の住人だった者が、天国にいる人の温かさにすげえ感動する』などと発言し、ファンからさまざまな反応が出たこともあった。

 5年前には田口の退所をきかっけに、1年8カ月のグループ活動休止も味わい、解散危機も囁かれたこともあった。グループとしてのイメージも、他のアイドル色が強いジャニーズグループとは違い、ワイルドさが際立つなど、ジャニーズのなかでも異質な存在といえる。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合