NEW

IKEA、オシャレで便利でも不満続出な5品…掃除が面倒?魔法瓶&シンクマット

取材・文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
IKEA、オシャレで便利でも不満続出な5品…掃除が面倒?魔法瓶&シンクマットの画像1
IKEAの店舗

 デザイン性の高い家具や雑貨をリーズナブルな価格で販売し、日本でもファンを増やし続けている世界的家具チェーン「IKEA」。国内では2006年に第1号店をオープンさせていたが、近年は郊外の大型店舗だけでなく、都会で暮らすユーザーをターゲットにした都市型店舗を渋谷や新宿にオープンさせ、これまで以上に気軽に利用できるブランドになっている。

 国内でIKEAを展開するイケア・ジャパンが2021年1月15日に公表した第19期(2019年9月1日~2020年8月31日)決算公告によると、売り上げは前期比2.7%増の867億4400万円、営業利益は19億3200万円、経常利益は17億1500万円。ここ数年、赤字経営が続いていたIKEAだったが、コロナ禍の巣篭もり需要を追い風にして約4年ぶりに黒字転換する結果になった。

 さて、基本的に高評価の商品が多いIKEAだが、なかには購入ユーザーから不満の声が上がっている商品も存在する。そこで今回はIKEAの“要注意”な商品を5つピックアップした。買い物の参考にしていただけると幸いである。

BEHÖVD ベホーヴド(魔法瓶)/699円(税込、以下同)

IKEA、オシャレで便利でも不満続出な5品…掃除が面倒?魔法瓶&シンクマットの画像2
BEHÖVD ベホーヴド(魔法瓶)

 いよいよ本格的な寒さを感じる日も増えてきたため、普段自宅でお茶やコーヒーなどの飲み物をつくってストックしている方なら、ホットドリンクを飲みたくなることもあるだろう。

「BEHÖVD ベホーヴド(魔法瓶)」は飲み物の温度を保ってくれる魔法瓶のため、一見すると温かい飲み物にも冷たい飲み物にも最適なように思える。オシャレなデザインも魅力的だが、注意を呼びかけたい点が2つあるのだ。

 まず、見た目の割に容量が少ないという点。この商品は高さ30 cmで太さもあるので、1.5Lくらい入りそうな大きさに見えるのだが、容量は意外にも1Lなのだ。魔法瓶なので厚みがあるのは仕方ないが、容量に対してかさばりすぎる気がする。次に、注ぎ口の周囲にある溝に飲み物が溜まりやすいという点も、衛生的な面でも不安が残る。この2つが気にならない方であれば、低価格の魔法瓶として重宝するかもしれない。

SLIBB スリッブ(物干し用ハンガー 2段)/499円

IKEA、オシャレで便利でも不満続出な5品…掃除が面倒?魔法瓶&シンクマットの画像3
SLIBB スリッブ(物干し用ハンガー 2段)

 スウェーデン生まれのIKEAには、日本ではあまり見ない使用方法の珍しい雑貨も多く販売されている。「SLIBB スリッブ(物干し用ハンガー 2段)」もそのうちのひとつ。物干し竿に通して使う物干しハンガーなのだが、ドーム状になっていることで洗濯物をポイポイと放り込めるのが魅力となっている。国内メーカーの雑貨店などではあまり見ない形状ということもあって、目からウロコなアイテムに見える。

 だが、同商品を購入したユーザーからは「もう少し大きさが欲しい」「インナークッションを置けるほどの大きさじゃないのがもどかしい」などの声もあがっているのだ。実際に使ってみたところ、靴下を重ならないようにして置くならば1段に4足しか並べられなかったので、見た目の印象よりも一気に干せる数が少なく感じるというのが正直な感想だった。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合