NEW

コア視聴率重視の日本テレビが『笑点』を終わらせない本当の理由とは?

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,
「笑点 Web - 日本テレビ」より
笑点 Web – 日本テレビ」より

「コアターゲット」「コア視聴率」……。それまで聞き慣れなかった名称が一気に広まったのは、今年6月、ダウンタウン・松本人志がツイッターで言及したことがきっかけだった。

 同月12日に放送された『キングオブコントの会』(TBS系)の世帯視聴率を報じるネットニュースに対し、2日後の14日にツイッターで「ネットニュースっていつまで“世帯”視聴率を記事にするんやろう?その指標あんま関係ないねんけど。。。」と異論を唱えたのだ。

 その約5時間後、松本は「補足」として、再び「コア視聴率が良かったんです。コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです。そのコア視聴率が3時間横並びでトップやったんです」と投稿した。

『キングオブコントの会』は世帯視聴率でいえば6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったが、個人視聴率は4.1%だった。

“コア偏重”で時代劇は永久追放?

 ただ一口に“コア視聴率”といっても、その層の範囲や呼称は各局によって違う。フジテレビは男女13~49歳を「キー特性」と呼んでいるし、TBSは男女4~49歳を「新ファミリーコア」と定義し、視聴者の若返りを図っている。30年以上続いていた『噂の!東京マガジン』を4月からBS-TBSに移行させたのは、その象徴的な事件だろう。

 また、男女13~59歳を「ファミリー層」と呼んで重点ターゲットにしているテレビ朝日も、46年続いた『パネルクイズ アタック25』を9月末で終わらせている。

 この概念をいち早く取り入れ、主流にしたのは日本テレビだが、同局では男女13~49歳を「コアターゲット」と呼んでおり、その偏重は強まっている。たとえば、2022年に30周年を迎える旅番組『ぶらり途中下車の旅』。

 以前まで同番組のリポーターとして出演していたのは、なぎら健壱(69歳)、太川陽介(62歳)、さらに金子昇(47歳)といった男性の旅人が多かった。また、女性の旅人としては、もっぱら元フジテレビアナウンサーの小島奈津子が出ていたが、今年8月14日には峯岸みなみ、10月30日には神田沙也加、11月13日には高橋ユウと、若い女性の登場回が多くなっており、視聴者の入れ替えを図っているように見える。

「すでにそれぞれシリーズは終了していますが、『水戸黄門』(TBS系)や『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)といった、ゴールデンの定番だった時代劇も今や風前の灯火。各局がこぞって生放送でオンエアしている長時間にわたる大型音楽番組でも、演歌歌手の出演はごくわずかです。厚生労働省の施設等機関である国立社会保障・人口問題研究所の推計では、3年後の2024年には初めて50歳以上の人口が5割を超えるというスーパー高齢社会の到来が予測されていますが、その巨大マーケットを地上波はみすみす捨てていることになります」(テレビ局関係者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合