NEW

「LUSH」が世界の公式SNSを一斉停止…その背景とは? 日本ではFacebook、Instagram、TikTokの3つ

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

おもちゃのようにポップでカラフルなビジュアルと、ワクワクするような甘い香りが人気を集めるスキンケアブランド「LUSH(ラッシュ)」。イギリス発のラッシュは日本でも全国に店舗を展開しており、海外を思わせる独特な店構えを目にしたことがある人も多いかもしれない。

そんなラッシュが、11月26日をもって世界48カ国の公式SNSを一斉停止するという。いったいなぜなのだろうか?

11月26日からSNSを停止、再開は未定

「LUSH」が世界の公式SNSを一斉停止…その背景とは? 日本ではFacebook、Instagram、TikTokの3つの画像1
ラッシュジャパンの公式Instagram。フォロワーは10万人にものぼる(画像はInstagram公式アカウントから引用)

ラッシュは11月22日、世界48カ国で運営しているSNSアカウントを、11月26日からすべて停止させることを発表した。停止期間については、「これらのSNSプラットフォームが、より安全な環境をユーザーに提供できるようになるまで継続する」としており、再開は未定だ。

ラッシュの商品はカラフルで、キラキラ輝いていて、“映えの極み”といっても過言ではないほど。その可愛らしいビジュアルに惹かれて商品を購入する消費者も少なくないため、InstagramをはじめとするSNSで公式アカウントを使って情報を発信することの重要性は他の企業よりも大きな効果を生んでいたことは想像に難くない。そんな企業の主力とも呼べる宣伝手法を実質的に切り捨てるのは、かなり勇気の要る決断だったのではないだろうか。

「LUSH」が世界の公式SNSを一斉停止…その背景とは? 日本ではFacebook、Instagram、TikTokの3つの画像2
ラッシュ公式ホームページのプレスリリース(画像は公式サイトのリリースをキャプチャし引用)

今回の決断について、ラッシュ公式ホームページに掲載されたプレスリリースでは、「一部のSNSには深刻な弊害があるという証拠が続々と出てきている中、ラッシュはこの状況に対して早急に対処することが必要であると考えており、他の誰かがこの問題に関して警鐘を鳴らすのを待つのではなく、ラッシュ自らの行動を変えることで、この問題に対処したいと考えています」と伝えている。そのため「世界48の国と地域で運営するFacebook、Instagram、TikTok、Snapchat、WhatsAppの5つのプラットフォーム※のアカウントから一斉にサインアウトし、利用を止めます」と宣言。「日本でサインアウトの対象となるプラットフォームは、Facebook、Instagram、TikTokの3つです」と、日本ユーザーへ影響を与えるであろうSNSも案内していた。

また、プレスリリースの中で企業ステートメントにも言及し、この決断の背景には「元Facebook社の勇敢な内部告発者によっ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合