NEW

日本国内のスマホが全iPhone化の前兆か!? ドコモが「MNPで2万円引き」からAndroidスマホを適用外に

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

これは日本のスマートフォンのiPhone化が進む前兆なのか。11月19日からドコモがMNPでのスマホ割引からAndroidスマホを除外した。ソニーやシャープなどの国内メーカーがAndroidスマホを出しているものの、最近では「あの人もiPhone」「この人もiPhone」となり、Androidスマホが圧され気味なのは感じていたが……。これはもう国内のスマホ「総iPhone化」の前兆なのだろうか。

ドコモはもはやiPhoneブランドに頼るしかないのか

日本国内のスマホが全iPhone化の前兆か!? ドコモが「MNPで2万円引き」からAndroidスマホを適用外にの画像1
11月19日以降、Androidスマホの割引額・進呈ポイントの欄は悲しいほどに真っ白だ(画像:ドコモ公式サイトから引用)

ドコモの「5G WELCOME割」のキャンペーンページによれば、キャンペーンの対象となる機種は、全11機種(2021年11月26日確認時点)。

22,000円割引が適用されるのは、「iPhone 13」をはじめとしたiPhone 13シリーズ4機種と、Androidスマホでは「LG VELVET L-52A」のみ。「Galaxy A22 5G SC-56B」「arrows We F-51B」も対象となってはいるが、割引額が16,500円と少々劣ってしまうことがわかった。また、「iPhone 12」シリーズ4機種は割引ではなくポイント進呈として、「購入時に利用者が30歳以下の場合20,000ポイント進呈」とされている。

ただでさえ、端末価格が高騰し続けているスマートフォン。これはノートパソコンですか?50インチのテレビですか?と言いたくなるような、10万越えのものも今では珍しくなくなってきた。そんな中でのドコモのAndroidスマホのMNPの“割引外し”には、「スマホはAndroid派」というユーザーからすると、かなりの痛手である。

ネット上では「マジかドコモさん」「Androidスマホが冷遇され始めている」「ドコモ最悪」とシンプルな嘆きや不満の声はもちろん、「これまでMNPばっかり優遇してきたんだから、これからは長期ドコモユーザーを大事にしてほしい」という切実な声もあった。実は筆者もあらゆる誘惑にも負けず、ドコモ一筋15年かつAndroidスマホユーザーである。ガラケー時代から「日本の携帯といえばドコモ」というイメージがあり、ドコモなら安心だろうと思って使い始めた。ただ、割引については「ずっとドコモ割」など、多少の割引はされているものの、「長年使ってこれだけ?」という微々たる額と…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合