NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

テレビドラマでは破格の攻めた映像…『アバランチ』最大の魅力と意欲作ゆえの不満

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, , ,
「『アバランチ』公式サイト」より
『アバランチ』公式サイト」より

 フジテレビ系の月曜夜10時から放送されている『アバランチ』は、謎のアウトロー集団・アバランチの活躍を描いたピカレスク・アクションドラマだ。

 アバランチの所属メンバーは元公安の羽生誠一(綾野剛)、元内調の山守美智代(木村佳乃)、元警視庁爆弾処理班の打本鉄治(田中要次)、元自衛隊・特殊工作部隊「コヨーテ」のレンジャー・明石リナ(高橋メアリージュン)、元捜査一課の警察官・西城英輔(福士蒼汰)、そして謎のハッカー・牧原大志(千葉雄大)、の6人。

 アバランチは大物政治家とその関係者の汚職をネット動画で暴露し世間から注目を集めていくのだが、彼らの真の目的は内閣官房副長官の大山健吾(渡部篤郎)を裁くことだった。

 本作はカンテレ(関西テレビ)制作のドラマ。これまでカンテレのドラマはフジテレビの火曜夜9時枠で放送され、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』や『大豆田とわ子と三人の元夫』といった作家性の強い個性的なドラマを多数輩出してきた。

 今回から月曜夜10時枠に移動となったが、カンテレドラマらしさは健在で、この『アバランチ』も攻めた映像とストーリーに仕上がっている。

 チーフ監督として作品を束ねるのは、映画『新聞記者』の監督として高く評価された藤井道人。東京新聞所属の記者・望月衣塑子の著書『新聞記者』(角川新書)を原案とする本作は、とある女性記者が内閣情報調査室の若手エリート官僚と共に、内閣府の官僚の自殺事件を調べるうちに政府の闇を知ることになるという社会派サスペンス映画だった。

 森友学園への国有地売却と加計学園の獣医学部新設にまつわるスキャンダルをベースにつくられた物語が政権批判だと公開時に賛否を呼んだ『新聞記者』は、第43回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を筆頭に、各映画賞を総ナメ。今後はネットフリックスで藤井監督がドラマ化することも決定している。

『アバランチ』と『新聞記者』の共通点

 今回の『アバランチ』は、藤井監督が手がけていることもあってか『新聞記者』と共通する要素が多い。

 まず一番の魅力が、テレビドラマでは破格と言える力の入った映像。綾野剛や高橋メアリージュンが見せるアクションの殺陣も決まっており、民放のプライムタイムのドラマでこんな硬派な映像が観られるのかと、毎週驚かされている。

 もともと、カンテレのドラマは外部の映画監督や映像作家を積極的に起用しており、画面のルックが他の民放ドラマとは大きく違うのが魅力だった。

 今回の『アバランチ』も藤井監督のこだわりが随所に見られ、説明を廃した重苦しい映像がダークな世界観とマッチしている。しかし、映像の隅々まで集中して視ることが要請されるため、ついていけない視聴者を振り落とす敷居の高さにもなっている。

 このあたりは悩ましいところで、映画のような映像が達成できているからこそ「テレビドラマにふさわしい映像なのか?」という疑問も抱いてしまう。おそらく本作は放送終了後に配信等でまとめて観たときの方が、理解しやすいだろう。その意味で良くも悪くも映画的な作品だと言える。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合