NEW

Googleのビデオ会議ツール「Google Meet」を使いこなす7つの方法!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

コロナ禍の影響もあり、テレワーク中にオンライン会議に参加することが増えたビジネスパーソンは多いだろう。オンライン会議といえば「Zoom」が有名だが、最近では、Googleが提供するビデオ会議ツール「Google Meet」を利用する人も増えてきた。そこで今回は、Google Meetをより便利に使う7つの方法を紹介しよう。

「Google Meet」って「Zoom」より便利なの?

Googleのビデオ会議ツール「Google Meet」を使いこなす7つの方法!の画像1
(Image:(japan。googleblog.com)

今やテレワークで必須となっているビデオ会議サービスと言えば「Zoom」を思い浮かべる人が多いだろうが、ビジネスシーンではGoogleのビデオ会議ツール「Google Meet」も意外と利用されている。

そもそも、Google MeetはWebブラウザで利用できるので、パソコン用アプリはなく「Google Chrome」などのWebブラウザで利用可能なのが便利。

もちろん、ZoomもWebブラウザで使うことはできるが、基本的にパソコン用ソフトが提供されており、Webブラウザではすべての機能を使うことができないのだ。

つまり、Google MeetならパソコンでもスマホでもWebブラウザで利用できるため、Googleアカウントさえあれば、誰でも手軽にビデオ会議に参加できるというわけだ。

元々Google Meetは「ハングアウト」という名称で、ビジネス向け有料サービス「Google Workspace(旧G Suite)」で提供されていたが、2020年からはGoogleアカウントがあれば誰でも利用できるようになっている。

もちろん、Google Meetは、GmailやGoogleドキュメントなど、Google関連アプリケーションとの連携が簡単なので、ZoomではなくGoogle Meetを選んでいる人も多い。そこで今回は「Google Meet」をもっと便利に使いこなすワザを紹介しよう。

【1】ビデオ会議中にライブ字幕を表示させる

Google Meetでは、ビデオ会議中にライブ字幕を表示させることができる。ただし、ライブ字幕機能は初期設定ではオフになっているので、もし、ライブ字幕をオンにしたいなら、ビデオ画面下の「…」メニューから「字幕」をクリックして言語を選べばいい。

ちなみに、Chromeに「Google翻訳」の拡張機能を追加しておけば、外国人の英語もリ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合