NEW

無印良品、口コミ微妙な5品…壊れやすいサンダル、肌触り悪いトイレットペーパー

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】, ,

無印良品の店舗の画像

 生活雑貨や食料品を扱うブランドとして1980年に誕生して以来、実に41年もの間、ユーザーの生活に寄り添い続けてきた「無印良品(以下、無印)」。海外にも着々とその店舗を拡大しており、2020年8月の時点で、国内外の店舗数は合計1029店舗にまで到達している。

 また、無印は「感じ良い暮らしと社会」をブランドテーマに掲げ、さまざまな取り組みを行っている。たとえば毎週火曜日には、運営する良品計画の本社ビルを開放して、大学合格に向けた無償の学習支援を行う団体「カフェ塾テラコヤ」の活動をサポート。そこで行われるワークショップでは、学生たちが自分たちで考えた商品を良品計画の商品開発担当者へ提案する、といった試みが実践されているのだ。企業と消費者という枠だけにとどまらない社会へのこうした取り組み姿勢は、大きな注目を浴びている。

 そんな無印では、テレビやネットで紹介され話題となる注目の商品が日夜販売されているが、数多くの優れた商品のなかには、購入時に少々注意しなければならない商品も紛れ込んでいる様子。そこで今回は、そうした“要注意な商品”を独自に5つピックアップ。そのポイントをレビューしてみた。

不揃い レモンとポピーシードのスコーン/150円(税込、以下同)

無印良品、口コミ微妙な5品…壊れやすいサンダル、肌触り悪いトイレットペーパーの画像2

 クオリティの高さに定評があり、熱心なファンも多く抱えている無印のお菓子シリーズ。定番商品としては、スコーンなどが人気だが、そのなかの「不揃い レモンとポピーシードのスコーン」には、ややネガティブな口コミも多く見受けられた。

 実際に食べてみたところ、その味はレモンのさっぱりとした酸味やナッツのようなポピーシードの香ばしさが感じられ、美味しい。味の面で難点は感じられなかったものの、食べていて不評の原因と思しき部分がわかったのも、また事実だ。それは、口に入れたときのパサパサ感、そしてスコーンをひと口かじるだけでボロボロとこぼれてしまう食べにくさだ。

 自宅で人目を気にせず食べる分には、あまり問題ないかもしれないが、仮に外出先や職場のデスクで休憩中に食べるような場面では、食べかすが落ちないかと気になってしまうだろう。こちらを気兼ねなく味わいたい方は、家で紅茶を片手にゆっくりと楽しむことをおすすめする。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合