NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

なにわ男子、BE:FIRST、INI…11月デビュー組の業界でのリアルな評価とは

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, , , ,
なにわ男子(「Johnny's net」より)
なにわ男子(「Johnny’s net」より)

 12月に突入し、これから大みそかの『NHK紅白歌合戦』まで、各局で大型音楽特番が次々に放送されていく。アーティストたちにとっては稼ぎ時であり、中でも若手にとっては顔を売る絶好のチャンスだ。

 さまざまなアーティストの中で、今最も注目を集めているのが11月にデビューしたばかりの男性グループ3組。オーディション『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生したINI (アイエヌアイ)、オーディション『THE FIRST』から誕生したBE:FIRST(ビーファースト)、ジャニーズ事務所からデビューしたなにわ男子の3組であり、いずれもデビュー曲がトップセールスとなったほか、テレビとネットを中心にさまざまなメディアでフィーチャーされ続けている。

 この1カ月間、メディア関係者や音楽関係者などに、3組のデビューに関する感想や評価を聞く機会が何度となくあった。同時期にデビューし、いずれも順調なスタートを切ったように見える彼らだが、関係者たちはどのような目で見ているのか。

熱狂度のINI、潜在ファンのBE:FIRST

 まずINIは、「国民プロデューサーの投票によってメンバーが決まる」というオーディション特性から、ファンの熱狂度は文句なしでトップクラス。そんな熱狂は、セールス、視聴数、物販の強さに直結する手堅いビジネスモデルであり、「失敗は考えにくい」という声しか聞こえてこない。

 ただ、その長所は短所の裏返しでもある。熱心なファンと、そうではない人との落差が大きくなりやすいため、「いかにそのギャップを埋めるか」のマネジメントがカギを握っているのだ。

 日本での活動は吉本興業がマネジメントをしているだけあって、急に露出が減ることは考えにくい。しかし、先輩グループのJO1も一般層への浸透度がなかなか上がらない現状では、「まだまだ時間はかかりそう」という声が目立っている。

 次に同じオーディション組のBE:FIRSTは、明らかに評価が異なる。オーディションの様子を地上波の『スッキリ』(日本テレビ系)が繰り返し放送し、現在も追い続けていることで、「熱心なファン層に加えて、ライトなファン層が控えていることが大きい」という。つまり、デビューシングルを買っていない人の中にも潜在的なファンが多く、伸び代が期待できるという見方だ。

 また、これまではプロデューサー・SKY-HIの人脈と、日本テレビの強い後押しを生かしてきたが、ここに来て個々のメディア出演が増え、キャラクターが浸透し始めている。

 ただ、「もともとクリエイティブ・ファースト、クオリティ・ファースト、アーティシズム・ファーストのチームをつくる」というコンセプトだけに、どこまで人々を驚かせるものをつくれるのか。メンバーたちも楽曲制作や振り付けに関わるだけに、「一つひとつのパフォーマンスが鍵を握る」という最もシビアな目で見られるグループになりそうだ。

「オーディションから、楽曲などの制作、クラウドファンディングまで、ほぼすべてをガラス張りの状態で見せる」というSKY-HI のプロデュース方針もあり、彼らのプレッシャーは想像以上に高い。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合