NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

横領・雲隠れ、新庄剛志のスキャンダル史…取材記者が見たBIG BOSS復活の裏側

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
新庄剛志のInstagram
新庄剛志のInstagramより

 北海道日本ハムファイターズの新監督に就任した新庄剛志氏が球界の話題を席巻している。11月4日の記者会見ではワインレッドのド派手なスーツで登場し、「監督と呼ばないで、ビッグボスでお願いします」と語りメディアで大々的に取り上げられた。

「会見で新庄新監督は『優勝を目指さない』などの型破りな発言を連発し記者を驚かせました。引退後は野球界とも距離を置いていたので、日ハム新監督就任はまさにサプライズでした。新庄監督はツイッターで『僕が描いてる野球は3対4の野球。投手に0点で抑えろじゃなく、3点取られていいよ その代わり野手が4点取るから!』とその目指す野球スタイルを明かしています」(スポーツ紙記者)

 まさに現役時代を彷彿させるエンタティナーぶりで日本シリーズ前の球界の話題を独占した新庄監督。本稿では彼の知られざる過去について振り返ってみたい。

 じつは筆者は「週刊文春」時代に新庄氏にまつわる記事を多く執筆してきた。最初に彼の周辺を取材するきっかけになったのが「新庄剛志が離婚を決意した!-独占スクープ」(「週刊文春」2007年6月7日号)という記事だった。2006年シーズンをもってユニフォームを脱いだ新庄氏は、時を置かずして妻の大河内志保に離婚を切り出していた。

 親族によると大河内は新庄にとって初めて本気で好きになった女性だったという。二人は2000年に結婚。大河内は結婚により芸能活動を休止し、新庄氏がメジャー挑戦した際は共に渡米しサポートするなど仲睦まじい夫婦として知られていた。離婚情報は新庄氏の周辺から事情を聞き、親族に裏取りをして執筆し記事にした一本だった。

 報道時は離婚を認めなかった新庄氏だが、07年12月末に突如離婚を発表した。12月末というメディアが動きづらいタイミングで重要事項を発表するという手法は、当時かなり新しかった。年末年始の休みに入るタイミングは、記者がもっとも動きづらい時期である。ゆえにメディアで騒ぎになりにくいため、有名人にとっては過熱報道を避けることができるというメリットがある。その後も多くのタレントが同手法を使って重要発表を行うようになったが、その先鞭をつけたのが新庄氏の離婚発表ではなかったかと思っている。

 その後も「新庄元夫人を直撃、離婚スクープ記事にありがとう」(「週刊文春」08年1月17日号)、「離婚一カ月、新庄『誕生日パーティ』で新恋人発見!」(「週刊文春」08年2月14号)などの記事にも関わるなど、筆者はスター選手のその後を追い続けることになった。

横領問題

 引退してから5年あまり経った11年、一本の電話がかかってきた。

「じつは新庄くんはお金に困っているんだよ」

 ネタ元はこう語り、問題の概要を語り始めた。新庄氏は野球選手として阪神に入団したときから親族に資産管理を任せていた。ベルサーチの服を着、高級車を乗り回す生活スタイルを好んだものの、新庄氏自身はお金には無頓着な性格だった。ゆえに企業経営をしていた裕福な親族が、彼のすべての収入を管理するようになっていた。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合