NEW

「手抜き」「主婦が買うもの」イメージを覆す冷凍食品、驚きの進化と最新事情

文=真島加代/清談社
【この記事のキーワード】,
日清食品冷凍の「冷凍 日清本麺」(「日清食品グループHP」より)
日清食品冷凍の「冷凍 日清本麺」(「日清食品グループHP」より)

 電子レンジやフライパンで加熱するだけで手軽に食べられる冷凍食品。今やすっかり身近な存在となったが、近年は本格フレンチや握り寿司の冷凍食品が登場するなど、さまざまな可能性が広がっている。

 日本で冷凍食品事業がスタートしたのは1920年。貿易商だった葛原猪平氏がアメリカから技術士の親子を招いて冷凍倉庫を建設し(場所は北海道・森町の現ニチレイフーズ森工場内)、水産物を凍結して売り出したのが始まりだという。2020年に100周年を迎えた日本の冷凍食品がこれまで歩んできた道のりと、業界の最新事情に迫った。

スーパーの安売り戦略で普及した冷凍食品

 冷凍事業は1920年に始まっていたものの、家庭でも食べられるようになったのは60年代半ばからだという。

「70年代には各家庭に2ドア冷蔵庫が普及して食材を冷凍保存する環境が整い、冷凍食品の市場も広がっていきました。また、餃子やコロッケなどの定番メニューだけでなく、さぬきうどんなどの冷凍麺ブームをはじめ、冷凍焼きおにぎり、冷凍そばめしなど、時代とともに数々のヒット商品が生まれたことも普及に拍車をかけたと思います」

 そう語るのは、冷凍食品ジャーナリストの山本純子さん。ヒット商品の誕生に加えて、スーパーマーケットの販促方法も冷凍食品の広がりに影響を与えたという。

「スーパーが実施していた“ハイ&ロー”な価格戦略と冷凍食品の普及は、深く関わっています。ハイ&ローとは、特売日に商品の価格を極端に下げる販売方法です。80年あたりに、あるスーパーが冷凍食品の認知度を上げるために、月に一度『冷凍食品の3割引セール』を始めました。それが大盛況となり、お弁当用商品の人気も重なって、ほかの店でも特売日に冷凍食品を安売りすることが定番となり、低価格競争が加速していきます。こうしたスーパーの戦略によって、家庭での冷凍食品の常備率が上がっていったのです」(同)

 しかし、ハイ&ローは設定された特売日以外は定価のため、通常時は高くついてしまう。こうした特定の日だけ大幅に安くなる販売方法については、消費者庁から大手スーパーに対して「二重価格表示の可能性」が指摘され、ハイ&ロー戦略は下火に。現在は、低価格商品を通年で提供する「エブリデーロープライス(EDLP)」での販売が主流になっているという。

「安売りの時代を経て、冷凍食品の“味”に注目が集まってきたのが2015年頃です。冷凍食品メーカー各社がクオリティの高い冷凍チャーハンを開発して“炒飯戦争”が勃発します。CMにもイケメン俳優を起用するなど、認知度が急速に高まっていきました」(同)

 そうしたCMのおかげで独身男性も冷凍食品を買いやすくなった、と山本さんは分析する。

「17年頃には、コンビニで冷凍食品のPB商品が増えてきます。セブン-イレブンは、缶ビール1本と冷凍食品をひとつ買ってもらうと、ほぼワンコイン(500円)という“おかづまみ戦略”を打ち出し、おつまみ商品を充実させました。昔は『冷凍食品は主婦が家族のために買うもの』というイメージがありましたが、現在はシニアから若い世代まで間口が広がり、『買いたい人が買うもの』になっていますね」(同)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合