NEW

iPhoneなら「FaceTime」のほうが、Zoomよりオススメな7つの機能を紹介

文=小沢陽子/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

コロナ禍の影響でテレワークを続けていると、ビデオ会議で「Zoom」を使っている人も多いと思う。だが、iPhoneやMacユーザーが家族や友だちとビデオ通話するなら、やっぱり「FaceTime」のほうが便利だろう。とくにiOS15以降では「FaceTime」の機能もかなり進化しているので、ここでは「FaceTime」の便利な7つの機能を紹介しよう。

iOS 15以降で「FaceTime」がどんどん便利に進化中!

iPhoneなら「FaceTime」のほうが、Zoomよりオススメな7つの機能を紹介の画像1
(Image:Wachiwit / Shutterstock.com)

ビジネスではビデオ会議では「Zoom」を使っている人も多いと思うが、友だちや家族がZoomを使えないときもある。そんなときは、スマホのビデオ通話のほうがもっと手軽に利用できるはずだ。

iPhoneならやはり「FaceTime」を使うのがオススメ。実はAppleではiOS 15以降のアップデートによって「画面共有」や「音質向上」といった機能が追加されており、Zoomにも負けないほど便利になっている。

そこで今回は、iPhoneのビデオ通話機能「FaceTime」で利用できる、便利な機能を7つ紹介しよう。

【1】AndroidスマホユーザーでもFaceTimeに招待できる!

FaceTimeはiPhoneやMacでしか利用できない機能だが、実は、FaceTimeはWeb上でも利用することができるため、AndroidスマホやWindowsパソコンでも利用できる。

最新版の「Google Chrome」か「Microsoft Edge」があれば、AndroidスマホでもFaceTime通話に参加できてしまうのだ。

招待する方法は、FaceTimeアプリから「リンクの作成」を選択し、そのリンクをコピーして相手と共有すればOKだぞ。

iPhoneなら「FaceTime」のほうが、Zoomよりオススメな7つの機能を紹介の画像2
FaceTimeアプリを起動したら「リンクを作成」をタップ(左写真)。メッセージやLINEなどでURLを共有すれば、相手はWeb上でFaceTimeを開ける(右写真)

【2】 新機能「SharePlay」を使えば画面の共有が可能に!

アナタはiOS 15.1以降に搭載された「SharePlay」機能をご存じだろうか? この「SharePlay」機能を使うと、画面を簡単に共有することができる。

FaceTimeで通話を始めたら、画面上部のツールバーから「SharePlay」のアイコンをタップすることで、自分のiPhoneの画面をリアルタイムで相手と共有できるのだ。

たとえば、相手にアルバムの写真を見せたり、iPhoneの操作を説明することなどができるので、かなり…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合