NEW

納期は2カ月先…給湯器の在庫不足が深刻、故障しても交換できず 雪国では命の危険

文=編集部、協力=草野かおる/防災士・イラストレーター
【この記事のキーワード】, ,
納期は2カ月先…給湯器の在庫不足が深刻、故障しても交換できず 雪国では命の危険の画像1
「gettyimages」より

 12月に入り寒さが一段と深まるなか、給湯器とその部品の品薄が全国的に広がり、故障して修理業者に依頼しても交換できないという悲鳴がSNS上で続出している。原因としては新型コロナウイルス感染拡大による部品製造元であるアジアの工場の生産停止や、世界的な半導体不足などが指摘されているが、給湯器メーカー各社は次のようにリリースを発表している。

リンナイ

「新型コロナウイルスの感染拡大等の影響により、サプライヤーの生産に支障が出ているため、下記商品のご注文につきましては、通常より納品までにお時間をいただく状況となっております。ご関係の皆様には多大なご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。商品供給の正常化に向けて努力してまいりますので、ご理解の程よろしくお願い申しあげます」

・ノーリツ

「急速な新型コロナウイルス感染拡大等の影響により、部品サプライヤーの生産に支障が生じております。これにより、一部商品において、ご希望納期での対応ができなくなっております。多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、全社をあげて早期解消に努めて参りますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます」

 さらに修理事業者各社のHP上では、給湯器の納期について「未定」「2カ月以上」「回答できない」といった文字も多数見られるが、もし給湯器が故障して交換や修理ができない場合、当然ながら台所や洗面台、浴室などの蛇口からはお湯が出ず、冷たい水しか出てこないことになり、寒さの厳しい雪国などでは、特に一人暮らしの高齢者などにとっては命にかかわる事態となる。

 では、給湯器の故障を防ぐには、どうすればよいのだろうか。防災士で『4コマですぐわかる 新 みんなの防災ハンドブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者であるイラストレーター、草野かおる氏に解説してもらった。

草野氏の解説

 ゆっくりお風呂に浸かるのが至福の時と感じる季節になりました。この時期、給湯器が故障して、お湯が出なくなったとしたら、どうしますか? これまでであれば、業者さんに連絡して、すぐに修理・交換してもらい、長くて3日もあれば解決できました。それが、業者さんから「製品も部品も在庫なし、メーカーからの入荷の見通しが立たないので、修理はいつになるかわからない」と言われたら――。

 現在の品薄の原因は、コロナによる工場閉鎖や世界的な半導体不足です。厳冬の間、お風呂は使えない、お皿を洗うのも冷水となれば、想像するだけでも背筋が寒くなります。

 そんなことにならないよう、「給湯器を故障から防ぐ3つの知恵」をご紹介したいと思います。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合