NEW

納期は2カ月先…給湯器の在庫不足が深刻、故障しても交換できず 雪国では命の危険

文=編集部、協力=草野かおる/防災士・イラストレーター
【この記事のキーワード】, ,

1.凍結予防・お風呂の水を溜めておく

 冬の間は、湯船の中の循環金具(追い焚きの金具の部分)が、かぶる位置まで、24時間、水を張っておきましょう。お湯を沸かしたままにするのではなく、湯船にお水を張って置くだけです。

 水は凍結すると膨張し、配管の破裂させ、水漏れや故障の原因になります。そのため、給湯器は凍結防止ヒーターが組み込まれています。リモコンを切っても、寒くなると自動で凍結防止が働く機能です。凍結防止機能は、給湯回路と風呂回路の双方に備わっています。しかし、追い炊き用の配管にはヒーターが搭載されていません。

 そこで、湯船に水を溜める。その溜まった水が、配管をゆっくり循環する。その水が冷たい時は、凍結予防機能が働く。その結果、追い炊き用の配管の凍結を防いでくれます。

 お風呂掃除は入浴直前にするという習慣にしてしまえば、忘れませんね。

2.凍結予防・水抜き

 自動で働く凍結防止は、電源が入っていることが前提。別荘だったり、帰省で長期留守にする場合に「ブレーカーを落とす」「コンセントを抜いておく」という人もいます。その場合、給湯器、水道の水抜きを忘れずに行いましょう。また、露出している外の配管を断熱材で覆うなどの対策も必要です。

3.点検をする

 給湯器は大きく分けて「ガス給湯器」「石油給湯器」「電気温水器」「エコキュート」の4種類です。使用説明書を確認して、自分でできる点検を行いましょう。

 例えば、雪国でおなじみの石油給湯器であれば、オイルタンクのパッキング交換、給水フィルターの掃除、タンクの底に溜まっている汚れやサビを取り除きます。汚れやサビは不完全燃焼や故障の原因になります。

 自分で難しいのであれば、メーカーに有償で点検を頼むのも手です。適切なメンテナンスによって多くの故障は回避できます。ちなみに無料点検と謳って法外な値段を請求する悪徳業者も存在します。信頼できる業者さんに、相談しましょう。

 異常気象による極端な寒さが来ることも予想されます。油断せず、冬を乗り切りましょう。

(文=編集部、協力=草野かおる/防災士・イラストレーター)

 

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合