NEW

1円で買えるiPhone 12 miniが話題も、実質2年縛りの「疑似SIMロック」とも言える制度では?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「iPhone、1円」かつて3大キャリアのシェア獲得競争の頃に大流行した“0円ケータイ”のような驚異的なスマートフォン本体の値下げが、現在ネット上で注目を集めている。この思い切った値下げぶり、果たしてどのような理由がその裏にあるのだろうか…。

今回は、格安で手に入れられるiPhoneのことなどについてお伝えしていきたい。

au、2020年発売のiPhone 12 mini(128GB・64GB)を1円で販売!

1円で買えるiPhone 12 miniが話題も、実質2年縛りの「疑似SIMロック」とも言える制度では?の画像1
1円になるのは「おひとり様1台限り」だ。(画像はSkyblue(@skyblue_1985jp)さんの投稿画像を引用)

Skyblue(@skyblue_1985jp)さんが11月26日にツイッターに投稿した内容によれば、秋葉原にあるヨドバシAkibaでは26日から30日までの期間限定で、auの「iPhone 12 mini(128GB・64GB)」が負担額1円で購入可能だったという。

投稿画像に書かれている内容によれば、iPhone 12 mini(128GB)の本体代金77,125円から、「対象機種限定特典」で21,999円割引。さらに“ヨドバシカメラ特別値引き”として「他社から番号そのままおのりかえで」22,000円割引。加えてauの「スマホトクするプログラム」を利用し2年後(24ヶ月後)にiPhoneをauに返却することで、「24回目(残価金額)」33,125円割引(支払い免除)され、負担額1円で購入できるというものだ。各種条件が付帯してはいるものの、iPhone 12シリーズを2年間1円で使用できるというのであれば非常に美味しい話と言えるだろう。

また、Skyblueさんは同時にソフトバンクでiPhone 12 mini(64GB)が支払総額24円(1円×24回)で販売されている告知ポスターも投稿しており、現在キャリア各社でiPhone 12 miniの投げ売りが進んでいる現状を伝えていた。

1円で買えるiPhone 12 miniが話題も、実質2年縛りの「疑似SIMロック」とも言える制度では?の画像2
ソフトバンクでも24ヶ月使用後に返却して、24円となる。(画像はSkyblue(@skyblue_1985jp)さんの投稿画像を引用)

「iPhone 12」とiPhone 12 miniについては、「iPhone 13」シリーズの発売と同時に、アップルが直々に値下げしたことは記憶に新しい。しかしそれでも、アップル公式での価格はiPhone 12 mini(128GB)は75,800円。まだまだミドルレンジのスマホよりは高価だ。それを“投げ売り”とも思える1円販売する裏には、「SIMロック原則禁止」の影響があるのかもしれない。

総務省により、2021年10月1日に発売…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合