NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

絶賛続きの『恋です!』に思わぬ落とし穴?終盤の不穏な展開に視聴者が戸惑うワケ

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール - 日本テレビ」より
恋です!~ヤンキー君と白杖ガール – 日本テレビ」より

 ネットメディアで報じられる世帯視聴率では7~9%台を推移しているものの、オリコンやクチコミサイトなどの視聴満足度では『最愛』(TBS系)とトップ争いをしている『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』(日本テレビ系)。これは「録画や配信で見られている」「見ている人の愛情が他作より深い」ということにほかならない。

 同作は盲学校高等部3年生で弱視の赤座ユキコ(杉咲花)と、高校中退のヤンキーで顔に傷があるためバイト先すら決まらない黒川森生(杉野遥亮)のラブストーリー。恋愛ドラマを盛り上げる必須事項の“かせ”を弱視とヤンキーという明快なもので描き、そこに若者のキーフレーズである「生きづらさ」をからめることで、幅広い視聴者層からの共感を集めている。

 決して前評判の高くなかった同作がこれほど支持されているのは、ユキコと森生を中心にした、ほほえましくも温かい世界観によるところが大きい。また、接点のない2人が第1話で出会い、第2話で2人きりのお出かけと連絡先交換、第3話で初めてのプレゼントを渡し、家族の反対に遭い、第4話では互いにふさわしい存在になるよう努力し、第5話では告白と初めてのケンカ……。

 というように1話ずつ丁寧に距離を縮め、愛情を深めていく、純度の高いラブストーリーに癒されている視聴者は多い。前述した恋に落ちる上での“かせ”はさておき、それ以外は誰にも当てはまる普通の恋愛であり、それを連ドラらしく1話ごとに進めていく脚本のバランスが抜群なのだ。

 だからこそ近年プライム帯のドラマではめったにない推定10代男女のラブストーリーなのに、40代以上の視聴者も共感できる作品になり、コロナ禍で荒んだ心を浄化されている人も多いようだ。

ユキコと森生に過剰な試練はいらない

 ただ終盤に突入した12月1日放送の第8話では、このドラマらしくない不穏な空気が流れ始めた。

 ユキコの通う盲学校に就職支援講師として初恋相手の緋山(小関裕太)が現れ、彼女への好意をチラつかせたあげく、森生に「僕がユキコを幸せにしたい」と宣戦布告。また、ユキコや紫村空(田辺桃子)は卒業後の進路に悩み、壁にぶち当たりそうなムードが漂い始めている。

 これまでは赤座家、盲学校、行きつけの喫茶店、アルバイト先のBBバーガーとレンタルビデオショップなど、ほぼすべての場所が優しい人々による牧歌的なムードを感じさせていた。第8話の放送後、不穏なムードを見た視聴者から「このドラマにこういうのはいらない」「悪役とか争いはないほうがいい」などの声があがっていたのは、戸惑いによるものではないか。

 ドラマの作り手は「終盤だからこれまでにない盛り上がりを作ろう」とするものだが、視聴者がこの作品に求めているのは、「かわいらしい2人の幸せそうな姿をずっと見ていたい」。その意味でこの作品に限っては、制作サイドの狙いと視聴者の思いが一致しない可能性が高い。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合