NEW

iPhone 13はやくも需要低迷!?「iPhone 14待ち」ユーザーが増えている理由とは

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年9月に発売された「iPhone 13」シリーズ。カメラの性能やバッテリー容量などがパワーアップし、ハイスペックスマホとして大きな注目を集めていたが、発売から2カ月以上が経った今、早くも需要が低迷しているという。

今回は、iPhone 13シリーズの需要が低迷している理由と、「iPhone 14待ち」をする人が増えている理由について詳しく見ていこう。

iPhone 13の需要低迷は、 革新的変化がなかったから?

iPhone 13はやくも需要低迷!?「iPhone 14待ち」ユーザーが増えている理由とはの画像1
(Image:Ingus Kruklitis / Shutterstock.com) iPhone 12シリーズと比較すると革新的な進化がないのが原因なのか? 筆者はiPhone 12 miniとiPhone 8シリーズを使っているが、これ以上の技術革新は正直必要なのかと思ってしまう

デジタルガジェットの最新情報を発信するウェブメディア「Engadget 日本版」は12月3日、「アップル、年末商戦前にiPhone 13の需要が弱まってきたとサプライヤーに連絡したうわさ」と題した記事を掲載。経済ニュースを発信する「Bloomberg」の報道を引用し、半導体不足による出荷台数の削減が懸念されていたiPhone 13について「半導体供給が改善される2022年に補う(余分に売る)ことを目指していたものの、顧客がそれほど注文してくれないかもしれない、とサプライヤーらに通知している」と綴った。

さらに「iPhone 13シリーズはプロセッサの処理速度やカメラの性能も改善されていますが、前年モデルとデザインはほぼ同じで、革新的な新機能にも乏しく、マイナーチェンジに留まっています」と持論を展開。2020年の「iPhone 12」シリーズと比較して革新的な進化がなかったことで、次作の「iPhone 14(仮称)」によりハイスペックな機能を期待する人が多かったのではないかと推測した。ではiPhone 13の需要が低迷すると、いったいどのようなことが起こるのだろうか。

iPhone 13はやくも需要低迷!?「iPhone 14待ち」ユーザーが増えている理由とはの画像1
(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com) 購入を検討するためにアップルストアを訪れ、スタッフから機能について話を詳しく聞きたいという人も

一番に考えられるのが、各携帯会社によるiPhone 13の値下げだ。iPhone 14が発売されてしまうと、さらにiPhone 13の需要低迷が予想されるため、iPhone 14が発売されるまでになんとか在庫を売り切りたいと各スマホ会社が何らかの施策を打ってくる可能性がある。

実際に、iPhone 13が発売された後、iPhone 12を割引する携帯会社が続出。中には諸条件をクリアすると「iPhone 12 mini(128GB)」が1円で購入できる、という大盤振る舞いも行われているのだ。

また、一部のリーク情報では「『iPhone SE(第…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合