NEW

ガラケーだけど一部の職業では必須アイテム? auから9年ぶりにタフネスケータイ「G’zOne TYPE-XX」が発売

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

今ではほとんどのユーザーがスマホを所持し、街中から姿を消しつつあるガラケー。社用携帯などではまだ利用されているものの、今の若い世代によっては“触ったこともない機械”となっているかもしれない。そんな中でも最新モデルのガラケーというのはまだまだ登場している。前モデルも人気だったカシオの「G’zOne」シリーズから、男心をくすぐるデザインが特徴的な新モデルが発売となる。

この時代、ガラケーの需要があるのか?と思いきや多くの期待が寄せられているようだ。

20周年を記念したG’zOne新モデル発表!

ガラケーだけど一部の職業では必須アイテム? auから9年ぶりにタフネスケータイ「G\'zOne TYPE-XX」が発売の画像1
(Image:news.kddi.com) 新モデルも男心をくすぐるデザインだ(画像はau公式サイトより引用)

KDDIは、カシオの歴代「G’zOne」チームが商品デザインを行った4G LTEケータイ「G’zOne TYPE-XX (ダブルエックス)」を12月10日から発売すると発表した。これはG’zOneの20周年記念モデルとなる。

「G’zOne TYPE-XX」は、パッと見てカシオの代名詞ともいえる腕時計「G-SHOCK」を彷彿とさせる凹凸のあるゴツイ見た目。2000年の発売した初号機「G’zOne C303CA」からの特徴である、丸形サブディスプレイを折りたたんだ表側に搭載。G’zOneらしさ全開といったところだろうか。カラーリングもライムグリーンのような色合いとブラックの2種。2WAYストラップ&マルチケース、画面保護フィルムなどの公式のアクセサリーも発売されるそう。

機能性ももちろん充実。防水・防塵など高い耐久性能はもちろんのこと、天気や気圧、温度を確認できるセンサーや簡易ライト、ホイッスル音、FMラジオなど、クライマーやライダー、野外での業務を行う職種の人々にはもってこいのサポート機能が備わっているという。
とはいってもいわゆるガラケー。この時代になぜ復活を遂げたのだろうか……?

ガラケーだけど一部の職業では必須アイテム? auから9年ぶりにタフネスケータイ「G\'zOne TYPE-XX」が発売の画像1
(Image:au.com) 画面のデザインは人気のカシオペンギン(通称:カシペン)も隠れキャラで登場(画像はau公式サイトより引用)
ガラケーだけど一部の職業では必須アイテム? auから9年ぶりにタフネスケータイ「G\'zOne TYPE-XX」が発売の画像1
(Image:au.com) 丸形のサブディスプレイには、各種センサーと連動した「コンパス」「気圧」などアウトドアで活躍しそうな情報が表示される。一部のユーザーからは、サブ液晶は割れるから要らないなどの声もある(画像はau公式サイトより引用)

G’zOneシリーズといえば、先述の通り2000年の初号機から耐水性能と耐衝撃性能を謳っており、発売となるG’zOne TYPE-XXの原型ともいえる「G’zOne TYPE-R」や「G’zOne TYPE-X」もアウトドア層からかなりの人気があった。今でもクライマーやライダーといった趣味を持つ人や、農業などの職業に就く人にはニーズが高いという。

ネットに寄せられた声のなかにも、「釣りで土砂降りの雨でもボートデッキに置いても問題ない。スキーで…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合