NEW

「高木紗友希の人生をめちゃくちゃに!」FNS歌謡祭、優里の熱唱が大炎上

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
「高木紗友希の人生をめちゃくちゃに!」FNS歌謡祭、優里の熱唱が大炎上の画像1
優里のInstagramより

 嵐・相葉雅紀とフジテレビの永島優美アナウンサーがMCを務める音楽特番『2021 FNS歌謡祭』。第1夜(12月1日放送)に続き、同8日に放送された第2夜では、なんといっても元AKB48・野呂佳代と現役AKBメンバーのコラボレーションステージが大きな話題を呼んだ。

 野呂は2006年の「第2期AKB48追加メンバーオーディション」に合格してAKBに加入し、09年からはSDN48としても活動。10年にAKBを卒業した後はSDNに完全移籍し、同グループのキャプテンも務めたが、12年3月をもってメンバー全員が卒業すると同時にグループも解散した。

 現在はタレントとしてバラエティ番組などで活躍している野呂だが、今回はAKBの後輩たちと共演し、グループ58作目のシングル「根も葉もRumor」(9月29日発売)をパフォーマンス。同曲は“AKB史上、最高難度のダンス”といわれているが、野呂は猛特訓の成果をステージ上で発揮。ネット上でもAKBファンを中心に、

「野呂さんカッコイイ!」

「現役メンバーとはまた違う、先輩としての存在感がある」

「38歳であれだけ踊れるのはすごいよ。練習は大変だっただろうけど、楽しそうにパフォーマンスしたのもプロって感じだった!」

などと盛り上がっていた。

 そんなAKBの“公式ライバル”として結成されたのが乃木坂46だが、今回の『FNS歌謡祭』では、今年いっぱいで卒業するグループ1期生・生田絵梨花のセンター曲「最後のTight Hug」(11月5日にグループのプライベートレーベル・N46Div.で先行配信、12月15日発売のアルバム『Time flies』に収録)を披露。舞台女優としても活躍する生田は、今までの『FNS歌謡祭』でミュージカル曲を歌唱してきたこともあり、数々の過去映像も放出された。ネット上には、

「生ちゃんの歌が大好き。いつも元気を貰えてたなぁ」

「乃木坂からいなくなるのは寂しいけど、またソロでも『FNS歌謡祭』とか音楽番組に出てほしい!」

「生ちゃんの実力があれば、この先もずっと活躍できるね」

と、温かなコメントが飛び交った。

平手友梨奈のダンスに不満の声も?

 一方、今回の『FNS歌謡祭』には元欅坂46(グループは昨年10月に「櫻坂46」に改名)の“不動のセンター”こと平手友梨奈も出演。彼女は欅坂の1期生として、16年4月6日発売のデビューシングル「サイレントマジョリティー」でセンターを務めて以降、20年1月にグループを脱退するまで、すべての曲でセンターポジションを任されていた。

 欅坂を離れた後、同12月9日に放送された『2020 FNS歌謡祭』の第2夜に出演し、脱退後初のソロ曲「ダンスの理由」(同25日配信)を披露したことも話題に。また、今年は4月期のTBS系連続ドラマ『ドラゴン桜』第2シリーズにもレギュラー出演するなど、活躍を続けている。

 今回の『FNS歌謡祭』では、米歌手のビリー・アイリッシュの「No Time To Die」(20年2月14日配信、同10月7日CD発売)をダンスカバーした平手。彼女のファンからは「いつ見てもエネルギッシュなダンス」などと称賛が寄せられたが、一部からは不満の声も。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合