NEW

話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点

取材・文=海老エリカ/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点の画像1
人をダメにするおひとりさま用「着るこたつ」

 冬も本格化し、寒さが身にしみる日が続いている。どれだけ部屋を暖かくし、どれだけ服を着込んだとしても、やはり下半身が冷えるという方もいるのではないだろうか。

 そんな方たちにとって救世主的商品がサンコーレアモノショップから発売された。その商品は、『おひとりさま用着るこたつこたんぽ」』。「着るこたつ」と聞くと、あの重くて大きいこたつ布団をかぶるのかと想像してしまいそうだが、口コミを見る限りどうやら軽くて暖かい、まさに冬場には最適な優秀アイテムらしい。

 だが、いくら暖かいとはいえ、いくつか疑問が浮かぶ。毛布の中にはヒーターが入っており、コードで繋がれているようだが、座っているとき邪魔になったりしないのだろうか。また、この商品を着用しながら移動できるとのことだが、動きやすいのだろうか。ほかにも「こたんぽ」の利便性に関する疑念が拭えない。

 そこで、今回筆者が実際に「こたんぽ」を使用し、使いやすさや暖かさなどを検証していく。

かなり暖かく温度調節やタイマー設定もできて便利

話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点の画像2
こたつとして考えるとかなりコンパクト

 さっそく商品が届き「こたんぽ」を広げてみた。上部についているポケットの中にはリモコンが収納されている。本体重量は約1980gとのことだが、持ってみた感想としては意外と軽いという印象。

 サイズは縦約1m29cm、横約48cmと、こたつとして考えるとかなりコンパクトなサイズ感だ。本物のこたつを動かすよりも、重さや大きさの観点ではこちらのほうが断然負担はかからないだろう。

話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点の画像3
こちらは内部のヒーター
話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点の画像4
6カ所にボタンが付いているのでズレない

 本体の側面についているファスナーを開けると、中には触感の良いファブリックに包まれたヒーターが入っていた。ヒーターは「こたんぽ」の中に入っているときは身体の前面にくるようだ。つまり座ったとき、膝の上から足首辺りにかけてヒーターが直接乗っかるため、常に足全体がポカポカになるということらしい。

 また、ヒーターには6カ所、本体とヒーターをつなぐボタンが付いているため、本体の中でヒーターがずれる心配はない。本体を洗うときは、このヒーターを外して手洗いで洗濯することができるとのこと。

話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点の画像5
いざ、「こたんぽ」を着てみる

 では、いざ「こたんぽ」の中に入ってみる。実際は“着る”というより“履く”という感じだ。両サイドについているファスナーを下げて履くことで、下半身からすんなり入れる。すると、モコモコの毛布が足全体を包んでくれて、履き心地は最高。本体は起毛素材になっているため、暖かさが持続するように作られているそうだ。また、電源コードを収納してあった胸元あたりのポケットは、使用中は冷たくなった両手を暖めるためのポケットにもなる。

話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点の画像6
リモコン操作は簡単

 ヒーターのリモコンの下部には電源ボタン、タイマーボタン、温度調整+ボタン、-ボタンの4つのボタンがある。

 電源ボタンを押して電源オン。温度調節用ボタンの+を押すと設定温度が上がり、-を押すと下がるというシンプルな仕様。温度は30℃、33℃、36℃、39℃、42℃、45℃に設定できる。設定したあとも、リモコン画面には常にヒーターの温度が映し出されるため、通常のこたつよりも温度調整が便利に感じた。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合