NEW

話題の着るこたつ「こたんぽ」、使ってわかった感動の暖かさ&最大の難点

取材・文=海老エリカ/A4studio
【この記事のキーワード】, ,

 タイマーボタンでヒーターを切る時間を設定可能。タイマーは30分、60分、90分まで設定できる。タイマーを設定しておけば、つけっぱなしでその場を離れてしまったり寝てしまったりしたときも、消し忘れの心配がなくなるだろう。

こたんぽ
下の隙間から冷気が入って足先が寒い……

 しかし、実際に使用してみると最大の問題点が発覚。それは足先が暖まらないという難点だ。確かにヒーターと接している部分はポカポカと暖まるのだが、足先部分にヒーターはない。また、足を出して移動できるように商品が作られているからか、その隙間から冷気が若干入ってくるため、いくら保温性が高いとはいえけっきょく足先は寒かった。特に末端冷え性の方はこの点を不満に思うのではないだろうか。

「こたんぽ」を履いたままの移動は正直イマイチ?

こたんぽ
面ファスナーでラクラク調節

 履きながら移動できるところも、この商品の強みとして謳われていたので、「こたんぽ」を着用したまま歩き回ってみることに。面ファスナーでフィット感を調整できるようになっているのだ。

こたんぽ
コードの取り外しもラクラク

 そして、ヒーターにはコードとヒーターを繋ぐ大きなソケットがついているのだが、ソケットが大きい分、立ち上がって移動したいときすぐに取り外しができて便利。ただ、動こうとしたとき、いちいちコードを外さなければいけない煩わしさはあるので、面倒に感じるときもあった。

こたんぽ
前から見たとき
こたんぽ
後ろから見たとき

 コードを外した状態でどれぐらい保温効果が持続するのかも気になるところだろう。コードを外して立ち、しばらくコードを繋がない状態で過ごしてみた。すると、暖かさは1時間以上持続し、保温性の高さを実感。

 だが、面ファスナーでフィットするように調節したとしても、ウエストサイズにもよるかもしれないが、下にずり落ちてしまい動きにくい。面ファスナーをきつめに調整すると、今度は足の可動範囲が狭くなるため、やはり動きにくかった。

「こたんぽ」を履きながらいろいろ動いてみたところ、飲み物や本を取りにいくときなど、短距離・短時間の移動であればさほど問題はないが、キッチンで料理をしたり、階段を上り下りしたりといった場合は適していないという結論に至った。

こたんぽ
リモートワーク中にぜひ使ってほしい

 少々厳し目に評価した部分もあるが、商品の斬新さには脱帽だ。保温性抜群で、温度調節やタイマーの設定も簡単、使用した後もくるくる丸めてしまっておけるので収納スペースもさほど取らない。リモートワーク中やソファでほっと一息付きたいときにはぴったりなアイテムだろう。

(取材・文=海老エリカ/A4studio)

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合