NEW

櫻井翔、元日本兵に「米国兵を殺してしまった感覚は?」…批判続出、理解示す声も

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
櫻井翔、元日本兵に「米国兵を殺してしまった感覚は?」…批判続出、理解示す声もの画像1
ジャニーズ事務所

 太平洋戦争開戦のきっかけとなった1941年(昭和16年)の日本軍によるハワイ真珠湾攻撃から80年目を迎えた12月8日、ハワイ・オアフ島では犠牲者追悼式典が行われたが、その2日前の同月6日に放送された報道番組『news zero』(日本テレビ系)は「真珠湾攻撃から80年…103歳元搭乗員語る」という特集を放送。キャスターの嵐・櫻井翔が真珠湾攻撃に参加した元搭乗員の吉岡政光さんへインタビューを行ったのだが、そのなかでの櫻井の「アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」という質問が議論を呼んでいる。

 目的を知らされないまま空母で日本を出航してハワイに向かい、途中の海上で真珠湾奇襲攻撃の計画を知らされたという吉岡さん。そのときの心境について櫻井に聞かれ、

「これは大戦争で“お前たちは死んでくれ”ということだなと。要は決心しなくちゃならない。23歳の若造が死ぬということを決心するということは、大変なことですよ」

と当時を振り返った。続けて、攻撃機からアメリカ軍に向けて魚雷を投下した際の気持ちについて聞かれると、

「魚雷を落としたからには、自分のは当たってもらいたいですよね。だから、そればっかり一生懸命やって眺めて。魚雷が当たったということで、非常に安心しましたけど」

と語った。そして櫻井は「戦時中というのはもちろんですけど、アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」と質問。吉岡さんは一瞬、言葉に詰まるような様子を見せながらも、少し間をおいて、次のように語った。

「私は“航空母艦と戦艦を沈めてこい”という命令を受けているんですね。“人を殺してこい”ってことは、聞いていないです。したがって命令通りの仕事をしたんだ。もちろん人が乗っていることはよくわかっています。しかし、その環境というと私も同じ条件です。ですけども、それとは切り離すと、戦争はしちゃいけないということを一番身をもって知っているのは、私たちだと思っています」

 最後に吉岡さんは櫻井から「真珠湾から80年たつ今、若い世代に伝えたいことはありますか?」と聞かれると、

「戦争というのは一番、人が死ぬんですよね。戦争だけはやめたほうがいいということは、私たちが一番よく知っているんです。だから私の話を聞いてもらってね、少しでも人が人を殺しちゃいけないということを頭の芯から覚えるように、助けになれればいいなと思っている」

と語った。

「そういう事聞かないならインタビュー自体無意味」

「戦争の話をしますと、顔を知った人が浮かんでくるんです」という理由で、これまで真珠湾攻撃での体験を語ってこなかったという吉岡さんの貴重な証言を引き出した櫻井だが、「アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」という質問に対しては、ネット上では放送直後から次のように批判的な意見や、逆に理解を示す声があがっている。

<事象の表面だけを捉えて自己満足する質問。少なくとも「国のため」に命をかけた人への敬意は感じない>(原文ママ、以下同)

<国の為に自分の人生すべてを捧げるような時代に産まれて戦争に向かった人に、僕はこのセリフは言えない>

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合