NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

最終回前に最低視聴率…不満だらけの『日本沈没』視聴者を納得させられる結末とは

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, , ,
「日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』 - TBSテレビ」より
日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』 – TBSテレビ」より

 視聴率では『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)と首位争いをしながらも、その内容については、スタート当初から賛否両論の状態が続いていた『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)。

 しかし、12月5日の第8話は視聴率が過去最低を記録したほか、ネット上には否定的なコメントが大半を占める結果を招いてしまった。次回の12日放送は最終話であり、しかも2時間3分拡大スペシャル。つまり、「2話分を一気に放送して締めくくろうとしている」のだが、その前に暗雲が垂れ込めているのは、なぜなのか。

 真っ先に挙げられるのは、「放送中に現実の日本でも地震が繰り返し発生する」という思わぬ追い風を受けながらも、逆に「緊迫感や怖さを感じない」と言われてしまったところに表れている。

設定の“粗”が多すぎてツッコミ

 序盤から「会議のシーンばかり見せられている」「香川照之をはじめ演技が大げさすぎて冷める」、中盤に入っても「日本未来推進会議のメンバーに悲壮感がない」「関東が沈みかけたのにこの程度の動揺で済むのか」などと緊迫感や怖さを感じない理由がネット上にあがり続けていた。その声は収まるどころか、よりシリアスなはずの終盤に来てますます目立っている。

 第8話終了後に書き込まれたネット上の声を拾っていくと、「各国との交渉シーンばかりで見るのをやめた。旧作のような絶望感がない」「移民交渉が終わるまで地殻変動が待ってくれているように見える」「単なる政治駆け引きドラマになってしまった。昔見た『日本沈没』のような緊張感や絶望感、切迫感がまったくない」などと軽さを指摘する声が続出。

 さらに、「余震とか、がけ崩れとかがあちこちで起きてなきゃおかしい」「原発がみんな海中に沈んだらどうなる?」「巨大津波は起きない?」「日本が沈むなら中国にも影響が出て移民受け入れどころではなさそう」「韓国、台湾、フィリピン、インドネシアなども影響が出ると思うんだが……」「巨大企業を政府が売れるの?」「何でアメリカではなく中国に頼るのか」「なぜ大臣クラスの人間たちがほとんど出ないのか、なぜ国連が絡まないのか」などの真っ当なツッコミが続出。

 これらを書き込んでいる人々も、どこかで「このドラマにリアルや整合性を求めるのは野暮」だとわかっているだろうが、それでも設定の“粗”が多すぎてツッコミを入れずにはいられないのだ。

 あるいは、中盤あたりから「『日本沈没』はツッコミを入れながら楽しむドラマだ」と気づいていたが、地震というハイリスクな題材を扱っていることで、割り切れずに不満を漏らしてしまう人が少なくないのではないか。

「地震災害」を描くリスクを回避

 ただ、日本が沈むという映像だけならまだしも、地震によるビル倒壊、がけ崩れ、火災、爆発、津波、度重なる余震などを地上波のゴールデンタイムで描くことは難しい。

 少なくとも東日本大震災の被災者や遺族への配慮が必要なのは間違いなく、だからTBSはパニック色を薄くして、「信じられるリーダーはいるか?」という点にスポットを当て、希望を見せようとしているのだろう。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合