NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

実写ドラマ版『カウボーイビバップ』が残した苦い教訓…アニメ版と真逆の物語に

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
「カウボーイビバップ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト」より
カウボーイビバップ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト」より

 Netflixで全10話、一挙配信がスタートした『カウボーイビバップ』(以下『ビバップ』)は、近未来を舞台にしたSFドラマだ。

 宇宙船ビバップ号で暮らすスパイク(ジョン・チョー)とジェット(ムスタファ・シャキール)はしがない賞金稼ぎ。生活のために賞金首を追っていたが、実はスパイクには秘密の過去があった……。

『ビバップ』は1998~99年にかけて放送されたアニメで、筆者も当時楽しく観ていた。『機動戦士ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』といった大ヒット作と比べると知る人ぞ知る作品だったが、アメリカを中心とした海外での評価は高く、監督の渡辺信一郎は映画『ブレードランナー2049』の前日譚となる短編アニメの監督に抜擢された。

 そんな『ビバップ』の実写ドラマを『プリズン・ブレイク』などを手がけたマーティ・アデルスタインが率いるトゥモロースタジオが制作し、Netflixで全世界に配信されると知ったときは興奮した。

 国内で漫画やアニメを実写化した作品は、予算やスケジュールの都合もあってか、残念なものが多かった。しかし、海外ドラマを作っているスタッフがNetflix制作で豊潤な予算と余裕のあるスケジュールで作れば成功し、世界規模のヒットも見込めるのではないか? と期待が高まった。

 その意味でも、ドラマ版『ビバップ』は国内コンテンツの海外展開の今後を占う重要な作品だったのだが、配信された作品を観て複雑な気持ちになった。

アニメの再現度が高いドラマ版『ビバップ』

 アニメや漫画の映像化をする際に大きな注目が集まるのが“再現度”である。 設定だけ借りて作り手が好きなことをやるのか? 原作を忠実に再現することを優先するのか? 『ビバップ』のアプローチは後者で、世界観や衣装はアニメ版に大きく寄せている。

『ビバップ』の大きな魅力を占めている菅野よう子の音楽も使用されており、「Tank!」が流れるOPはアニメ版のOPに対するオマージュとなっている。山寺宏一、林原めぐみといったアニメ版の声優が吹き替えを担当しており、レイアウトもアニメを再現しているシーンが多い。

 もちろん改変箇所もある。たとえば、スパイクを演じる韓国系アメリカ人のジョン・チョーを筆頭に各登場人物を演じる俳優の年齢はアニメよりも高めに設定されており、アニメでは肌の露出が多かった女賞金稼ぎのフェイ(ダニエラ・ピネダ)の衣装も露出を抑えたものに変更されている。

 アニメでは許された無国籍テイストも世界配信されることを考慮してか、多様な人種が登場する世界となっており、現実のアメリカに近い世界となっているが、これらの改変はリブートとして正しいと感じた。

 ドラマ版のスタンスを見ていると、『ビバップ』に対して愛情のあるスタッフが集まって映像化したことは理解できる。ただ、それが作品のおもしろさにつながっているかというと、話は別だ。むしろアニメの映像を再現することに固執するあまり、ドラマとしてのテンポが悪くなっており、全体的にどこかぎこちない。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合