NEW

『水曜日のダウンタウン』が中年男女に圧倒的人気…視聴率でわかる最強コンビの今

文=編集部
「水曜日のダウンタウン - TBSテレビ」より
水曜日のダウンタウン – TBSテレビ」より

 2022年でコンビ結成40年、もはや大御所と言ってもいいダウンタウンの2人。今、彼らはどのくらい“もっている”のだろうか? コンビでの担当番組のほか、単独出演の番組の視聴率を総点検してみた。

 まずは、今や彼らの代表的な番組となった『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。同番組の下地となったのは、火曜夜10時に放送されていたダウンタウンの番組『100秒博士アカデミー』(同)だ。8年続いた『リンカーン』(同)の終了を受けて始まった同番組は、「博士」と呼ばれる専門家が登場し、世間が驚くような新説を提唱するというもの。たとえば、ダチョウの卵から抗体を抽出し、それをマスクに塗るだけでインフルエンザ予防に効果がある……といった内容だ。

 残念ながら、わずか放送14回、5カ月で終了してしまうが、この「珍説」「新説」をバラエティに完全に振り切り、水曜夜10時に新たに始まったのが『水曜日のダウンタウン』というわけだ。『100秒博士』では、説を唱える研究者に対して、ダウンタウンは司会というよりコメンテーター的な立場で出ていたが、その名残が『水ダウ』にも表れている。

 さて、『水ダウ』の11月10日の視聴率は世帯6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人3.4%だが、この内訳を見ると違った顔が浮かび上がってくる。

「M2(男性35~49歳)が5.0%、F2(女性35~49歳)も7.2%で、いずれも同時間帯トップです。裏の日本テレビの水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』のF2視聴率は3.7%ですから、その差は歴然。かつて『家政婦のミタ』『14才の母』『Mother』など社会現象を巻き起こすほどのヒット作を量産していた水曜ドラマですが、今や完全に『水ダウ』に食われています』(テレビ局関係者)

 放送28年目を迎える『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)はどうだろうか。

「11月11日は2時間SPだったのですが、世帯6.7%、個人3.9%でした。ここでもF2層が7.0%と、圧倒的なアベレージを残しています。一時期は裏の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)の猛追に遭っていましたが、現在は息を吹き返しています。一方『夜会』は、それまでのスタジオ収録から撤退。『夜会ハウス』というトーク企画を本格始動させています。マンションの一室を借り切り、スタッフ不在の中、完全プライベートの体でトークを展開。芸能人の秘密のおしゃべりを“覗き見”するということですが、ハマっている物を紹介するなど、それまでのスタジオ収録と明確な違いがなく、迷走している感が見受けられます」(同)

 最後は、ダウンタウンのブレイクを決定的なものにした老舗番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)だ。11月14日の視聴率は世帯4.7%、個人2.5%。同番組は、1999年7月4日に放送された「芸能人釣り選手権」の回で世帯23.6%を獲得している。そんな全盛期とは比べるまでもないが、大晦日に『NHK紅白歌合戦』の裏で健闘している特番「絶対に笑ってはいけないシリーズ」の貢献度もあるのか、継続している。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合