NEW

強引すぎる「Chrome」への移行引き留め計画は成功か? Microsoft Edgeのシェア率上昇中

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

読者のみなさんは、PCやスマートフォンでネットを閲覧する際にウェブブラウザは何を使っているだろうか。異なるデバイス間でも設定のリンクが容易なグーグルの「Chrome」を使っていたり、iPhoneユーザーであればアップルの「Safari」を使っている人も少なくないだろう。しかしここに来て、マイクロソフトの「Edge」が世界シェアを伸ばしていることが判明した。
今回は、Edgeがシェアを伸ばしている理由の推察や、Edgeに対するネットの反応についてお伝えしていきたい。

Edge、ついにシェア4%台に到達!

強引すぎる「Chrome」への移行引き留め計画は成功か? Microsoft Edgeのシェア率上昇中の画像1
(Image:Wachiwit / Shutterstock.com) マイクロソフトはEdgeのシェア拡大を図り続けている

Webトラフィック解析を行うStatCounterのデータによれば、PC、スマホ、タブレットを含めたブラウザのシェアは、2021年11月の時点で「Chrome」が64.06%、「Safari」が19.22%、「Edge」は4.19%だった。これだけ見るとChromeが圧倒的シェアを獲得し、Edgeは二桁%のシェアも獲得できず大きく離れた3位となっている。

しかし実はChromeは2021年9月のデータでは65%を上回るシェアを獲得していたものの、2ヶ月続けて微減。64%すら割り込む勢いだ。一方のEdgeは1年前の2020年11月に記録した3.01%からジワジワと微増を続け、ついに4%の壁を突破したのだった。

Edgeの躍進には10月のWindows 11のリリースの影響が大きいことは想像に難くない。新規購入のPCであればEdgeがプリインストールされていることは確実。加えて「Windows 11で強制的にEdgeを開かせる仕様」が話題となったり→こちら、EdgeでChromeをインストールしようとすると「Chrome」と検索するだけで「新しいウェブブラウザは要らない」とユーザーに猛アピールしてきたり→こちらと、マイクロソフトのEdge推しがすごいのだ。もしかするとこれらの施策をみたWindows 11ユーザーが「そんなに必死になられたら変えづらいな…」と、Edgeを継続しているのかもしれない。

必死すぎるマイクロソフトの圧にユーザーが屈したようにシェアを拡大させているEdgeだが、ネット上からはこのニュースに対し様々な反応が見られている。「うそやろ…?」「あんな引き止め策でも一応は効果あったんか……」など、「あんなやり方で……

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合